top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

インディペンデントながら商業映画と遜色ない圧倒的なリアリティと、性が融合した新感覚のジャパニーズ・ノワール『JOINT』へ、窪塚洋介、磯村勇斗ほか各界からの絶賛コメント到着!

cinefil

普段、我々が気軽に登録している個人情報が知らないうちに特殊詐欺のための名簿として売買されている実態をリアルに描いたクライムムービー『JOINT』。

©小島央大/映画JOINT製作委員会

 刑務所から出所した半グレの石神は、個人情報の「名簿」を元手に、特殊詐欺用の名簿ビジネスを再開する。真っ当に生きたいと望む彼はベンチャービジネスに介入し投資家へ転身を図るも、裏稼業から足を洗うのは至難の技だった。そんな石神の周囲でうごめく、関東最大の暴力団と外国人犯罪組織の影。それぞれの抗争に挟まれた石神。白か黒か曖昧な世界で、“何者か”になろうともがく石神は、いかなる決断を下すのか―――。

©小島央大/映画JOINT製作委員会

©小島央大/映画JOINT製作委員会

広告の後にも続きます

 監督は、本作が長編監督デビューとなる新鋭・小島央大。そして主人公・石神を演じるのは、本作が俳優デビューとなる山本一賢。小島監督は、現代の東京で身近に起きている詐欺犯罪の闇を描くにあたり、徹底したリサーチを実施。また、ドキュメンタリーに近い生っぽさにこだわり、役者陣には演技経験よりも“個性”や“ルック”を重視したキャスティングを敢行。インディペンデント映画ながら商業映画と遜色ない圧倒的なリアリティと、アートフィルムとしての作家性が融合した新感覚のジャパニーズ・ノワールを生み出しました。

©小島央大/映画JOINT製作委員会

©小島央大/映画JOINT製作委員会

©小島央大/映画JOINT製作委員会

 この度、各界の著名人8名から絶賛コメントが到着しました! 俳優でアーティストの窪塚洋介さんからは「背中から撮られるその横顔たちが印象的だった」、俳優の磯村勇斗さんは「主人公石神の魂の葛藤が画面を震わしていた」など、演技未経験者がほとんどながら圧倒的な存在感を放つ俳優たちに着目したコメントが寄せられる一方、漫画家の新井英樹さんからは「情緒と肉感的な描写に陶酔、舌を巻く」、元警察官で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんからは「暴力団と半グレの関係、外国人犯罪組織のアジト、名簿の作り方、驚く程のリアリティー」などリアルを徹底追求した犯罪描写を称賛するコメントも到着。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル