top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日向坂46 宮田愛萌、イチ推し本を紹介! 『光文社古典新訳文庫』創刊15周年記念フェア推薦者として参加決定

Pop'n'Roll

日向坂46の宮田愛萌が、11月18日(木)より全国書店にてスタートする『光文社古典新訳文庫』創刊15周年記念フェア<わたしの推しの光文社古典新訳文庫>に推薦者として参加する。

<わたしの推しの光文社古典新訳文庫>は、読書好きの著名人による『光文社古典新訳文庫』の推薦タイトルを集めた書店フェア。

今回、日本の古典好きで司書資格を持つ宮田は、推薦者の1人として参加。

そのほかには、芥川賞作家・平野啓一郎やロシア文学者・亀山郁夫といった『光文社古典新訳文庫』と関係のある文筆家をはじめ、河村・拓哉(QuizKnock)、書評YouTuber・アバタローなど15名の著名人が推薦者として名を連ねている。

各推薦者の推薦文は、それぞれの“推し本”の帯に掲載。宮田は、“推し本”として平安~鎌倉時代の古典『虫めづる姫君』を選んだ。

同フェア開催日の11月18日より、推薦文の全文が掲載された電子ブックガイド『読書好きが選んだ、心をつかんで離さない53冊 わたしの推しの光文社古典新訳文庫』も各電子書店にて配信予定。各推薦者による15冊以外の作品についての推薦文も載っており、全52冊の魅力が伝わる案内書となっている。

なお、宮田による推薦文は3作品掲載される。

『光文社古典新訳文庫』創刊15周年記念フェア<わたしの推しの光文社古典新訳文庫>

開催日:2021年11月18日(木)より全国書店にて(※地域によっては多少前後する場合があります)

■推薦者名(肩書)/推薦作品名(作者) ※敬称略
・秋満吉彦(教養番組『100分de名著』プロデューサー)/『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)
・アバタロー(書評YouTuber)『方丈記』(鴨長明)
・石井千湖(書評家・ライター)/『ソクラテスの弁明』(プラトン)
・大澤真幸(社会学者)/『赤と黒』(スタンダール)
・亀山郁夫(ロシア文学者・翻訳家)/『マノン・レスコー』(プレヴォ)
・楠本勝司(創刊時販売担当)/『幼年期の終わり』(クラーク)
・河村・拓哉(QuizKnock)/『19世紀イタリア怪奇幻想短篇集』
・田頭晃(光文社新書編集部Twitter担当)/『読書について』(ショーペンハウアー)
・読書猿(ブログ主宰者)/『種の起源』(ダーウィン)
・読書のいずみ編集部・大塚かな子(編集者)/『夜間飛行』(サン=テグジュペリ)
・野田彩子(漫画家)/『ワーニャ伯父さん』/『三人姉妹』(チェーホフ)
・平野啓一郎(小説家)/『アンナ・カレーニナ』(トルストイ)
・三宅香帆(書評家・ライター)/『嵐が丘』(E・ブロンテ)
・宮田愛萌(日向坂46)/『虫めづる姫君』(作者未詳)
・山本多津也(読書会コミュニティ『猫町倶楽部』主宰者)/『崩れゆく絆』(アチェベ)

■『光文社古典新訳文庫』とは
2006年9月7日創刊の文庫本レーベル。“いま、息をしている言葉で、もういちど古典を”がキャッチコピー。翻訳文特有の難解さを極力排し、自然な日本語による古典の新訳をスタイリッシュなカバーで現代人に届けている。創刊ラインナップの『カラマーゾフの兄弟』は2008年に全5巻にて100万部を突破し、社会現象に。『アンナ・カレーニナ』(望月哲男訳)、『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』(関口英子訳)、『オペラ座の怪人』(平岡敦訳)、『三つの物語』(谷口亜沙子訳)など、翻訳賞を受賞した新訳も多数。

『光文社古典新訳文庫』

TOPICS

ジャンル