top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「LuckyHouse のポートフォリオ」28【第34回 東京国際映画祭】 『名付けようのない踊り』の犬童一心監督と世界的ダンサーの田中泯

cinefil

第34回東京国際映画祭の「Nippon Cinema Now」部門に出品された犬童一心監督の『名付けようのない踊り』が11月6日(土)、東京・角川シネマ有楽町で上映され、世界的なダンサーであり俳優としても活躍する田中泯と犬童一心監督がQ&Aに登壇した。

『名付けようのない踊り』は、〈場踊り〉というどのジャンルにも属さない独自のダンス世界を構築して魅了する田中泯の踊りを、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)への出演オファーを機に親交を重ねてきた犬童一心監督が撮ったドキュメンタリーで、2017年8月から2019年11月まで、ポルトガル、パリ、東京、福島、広島、愛媛などを巡って撮影。さらには、田中の子供時代を山村浩二によるアニメーションで情感豊かに点描しながら、そのブレない凛とした生き方に迫った作品だ。

1966年からソロダンス活動を開始した田中は、1978年のパリ秋芸術祭で海外デビューを果たした後、世界中のアーティストと数々のコラボレーションを実現。ダンスの公演歴は現在までに3000回を超え、『たそがれ清兵衛』(02)から始まった映像作品への出演も、ハリウッドからアジアまで多彩な作品が並ぶ異才である。

田中泯 Photo by Yoko KIKKA

Q&Aにおいて、撮影に3年、編集に編集を重ねてやっと本作を完成させたと語った犬童一心監督は、『メゾン・ド・ヒミコ』への出演交渉のため、山梨で農業に取り組んでいた田中を訪ねた時の彼の返答が忘れられないという。

広告の後にも続きます

「シナリオは気に入って下さっていたんですが、泯さんに『僕は演技ができません』と言われたんですね。『演技はできないが、それでもいいか』と問われた後に、『ただ撮影する場所に一生懸命居ることはできるから、それで良いんだったらできます。それが、ダンスでやってきたことだから』と仰ったんです。その言葉がずっと自分のなかに残っていて、『メゾン・ド・ヒミコ』の後に泯さんのダンスを見るようになったんですが、その時の言葉の意味を確かめたいという気持ちがあったんです」

その後、田中に誘われて公演開催地のポルトガルに同行した犬童監督は当初、撮った映像を作品化するつもりはなかったそうだが、「そこで踊りを撮った結果、(泯さんの)言葉と自分の疑問を、作品のなかで確かめてみようかなと思った」という。

犬童一心監督 Photo by Yoko KIKKA

一方、田中は「私は映像のために踊ったつもりはなくて、その場所、その場所で踊っていた踊りは、その場所のためのもの。そこで私がキャッチしたものというか。その踊りを見て下さった犬童さんが、その踊りを再生して下さった。ここがいちばん大事だと思っています。ビデオテープが生まれた頃から、踊りを記録されてきたんですが、一度として、踊ったときの感覚に戻れた試しがないんですね。踊った時の私の体に押し寄せてくる、体が感じ取った様々な物事は、映像になると消えてしまいます。同じ踊りを同じようにして流すことに、むしろ嫌悪さえ抱いていたんです。しかし犬童さんは、私の踊りを、皆さんが惹きつけられるように、釘付けになるように再現して下さったんです」とコメント。

田中泯 Photo by Yoko KIKKA

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル