top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「台風の中歩いていると、軽トラのおじさんが『送ってあげる』。目的地を過ぎたのに、車は止まらず…」(宮崎県・30代女性)

Jタウンネット

ものすごくドキドキしたのを今でも覚えています――。

宮崎県出身の読者・Iさん(30代女性)から、小学生時代の体験談がJタウンネットに寄せられた。

当時、大きな台風がIさんの住んでいる地域に接近していた。

目を覚ますと、母親の姿が見えない。雨風が吹き荒れるなか、仕事場へ向かったらしい。

母のことが気になった彼女は、職場に連絡。すると、道中で車が故障し、途中から歩いて職場に向かったという。

広告の後にも続きます

大雨の中、そんなことをしたらきっとずぶ濡れになってしまっただろう……。Iさんはそう思ったのか、母の着替えをリュックに入れ、家を飛び出した。

軽トラのおじさんが「乗りなさい」

小学5、6年生の頃だったと思います。

夏休みに大きな台風が来ていたのですが、自営業の母が雨漏りを気にしたようで、早朝に職場へ車で出て行きました。

夏休みということもあり、あまり早起きもしていなかったので、起きた時はすでに母の姿はありません。置き手紙があって、状況が分かったので職場へ電話をかけてみました。

すると、台風のせいで道が洪水していて、職場に向かう途中に車が故障してしまい、台風の中そのまま職場へ歩いて向かったとのこと。

父が起きるのを待てばよかったのですが、なぜか私は歩いて母の所へ向かおうと決心してしまい、母の着替えや食料などをリュックに詰め込んで、兄の大きなカッパを着て家を出ました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル