top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京2020大会を経て、ロボットが私たちの未来の暮らしを変える

パラサポWEB

オリンピックやパラリンピックは国際的なスポーツの祭典であると同時に、イノベーションを生み出す機会でもある。実際、1964年の東京大会でも新幹線などの開発がその後の私たちの暮らしを豊かにしたのはよく知られている。そして今年行われた東京2020大会でも「史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会」をビジョンに掲げ、さまざまな取り組みが行われた。

中でも注目されたのは「ロボットプロジェクト」。最新のロボットが大会をいろいろな形でサポートするという企画だ。そこで、実際に大会にロボットを提供したトヨタ自動車とパナソニックの方々に、ロボットが東京2020大会でどのように活躍し、そしてその技術が私たちの未来の暮らしをどのように変えていくのか、詳しくお話を伺った。

コロナ禍で見えたロボットの可能性と未来

(提供:パナソニック)

2019年3月に東京2020組織委員会より発表された「東京2020ロボットプロジェクト」。今大会で実際に使用されたロボットと、その開発によって見えてきたポジティブな改革とはなんだったのかを振り返ってみよう。

遠隔での応援を可能にしたマスコットロボット

東京2020マスコットロボットの「ミライトワ」(左)と「ソメイティ」 (右) /提供:トヨタ自動車

「東京2020ロボットプロジェクト」は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が企画・調整し、そのシーンに合わせてトヨタ自動車とパナソニックがロボットを提供した。その中でも、ひときわ目を惹いたのがトヨタ自動車が開発した東京2020マスコットロボットの「ミライトワ」と「ソメイティ」。大会のマスコットキャラクターをロボット化したもので、体長は65センチ程度。自立歩行するのはもちろん、操作する人の体の動きに合わせ、まるで人が踊っているような精緻なダンスをすることもできる。その特徴を活かし、オリンピック開催前からNHKの番組「みんなのうた」に登場。米津玄師氏・作詞作曲の「パプリカ」の歌に合わせてFoorinのメンバーと一緒にダンスを披露し、大会の機運を高めていった。そのあまりになめらかな動きが話題となりSNS上では「本当にロボット?」という疑問の声があがったほどだった。

また、パラリンピックの前には人気のYouTuber「はねまりチャンネル」とコラボレーションして、パラスポーツの動きを取り入れたダンスを踊りパラスポーツを訴求。大会が始まると、試合を観戦にきた小学生の出迎えや見送りをしてみんなを楽しませた。

オリンピックの競技を学校にいながらVR観戦する子どもたち/提供:©︎Tokyo2020

広告の後にも続きます

さらに、オリンピック開催中に東京2020組織委員会が企画・運用し、東京都と共催した「バリアフリーVR観戦‟未来のスターの指定席”」を実施。これは、病気や障がい、また会場までの移動に課題があり、競技会場に行って観戦することが難しい子どもたちにも、オリンピックの臨場感を味わってもらおうという試みだ。子どもたちは、試合会場に設置した「ミライトワ」と「ソメイティ」のロボットの目(カメラ)が見たシーンを、学校にいながらにして観戦。手元のタブレット画面のボタンを操作すると、試合会場にいるロボットが試合のシーンにあった動きで応援してくれるので、子どもたちは大いに喜んでくれたという。

「何らかの事情で試合会場に行けない子どもたちに、会場で観戦するのと近しい体験をして欲しいという思いから、こうした機能を開発しました」と、開発担当者のひとり森平智久さんは言う。

試合の映像をライブで見るだけなら、テレビやネットの中継を見れば済む。しかし、人に近い形のロボットが現地にいて、その目を通して観戦するということで、子どもたちは、あたかも自分がその場にいるような気持ちになれるのかもしれない。

「人に近い形をしたロボットには他にもメリットがあります。たとえば自動車の運転は習わないとできませんが、自分が動くと同じ動きをするロボットの操縦であれば、特別な訓練をしなくても誰でも簡単に操作することができます」(森平氏)

こうしたヒューマノイド系のロボットの特徴はコロナ禍において広まったテレワークにもメリットがあるとのこと。

「映像や音声を使って自宅にいながら会議をすることは可能になりました。しかし体を動かさないといけない仕事や、現地にいかないとできないことなどが、将来的に必要性に応じてロボットを使ってできるようになったらいいなと思うんです。その際に、今回のミライトワやソメイティの技術が役立てられたらと思います」(森平氏)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル