top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『たまの映像詩集 渚のバイセコー』尼神インター・渚に聞く「映画の中の笑ってるシーンは、心から楽しんでた」

ガジェット通信

吉本興業と岡山県玉野市がタッグを組み誕生した映画『たまの映像詩集 渚のバイセコー』が11月12日(金)より全国公開となります。映画『祖谷物語 おくのひと』で、第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門スペシャル・メンションを受賞した新進気鋭の監督・蔦哲一朗がメガホンを取る本作は、岡山県にある「玉野競輪」全面協力のもと撮影された、3本のオムニバスストーリー。人々の想いがぶつかり合う競輪だからこそ描くことのできた人間臭さや、海・山・瀬戸内の多島美が演出する幻想的なロケ地など、玉野市の魅力が余すところなく凝縮されています。

第二話となる『渚のバイセコー』は尼神インターの渚さんが主演を務める、玉野の自然がたっぷりと描かれた童話のようなお話。自転車を乗り回す渚さんがとても爽快な映像となっています。

最近ではYouTubeでの動画も注目を集めている渚さん。映画について、お話を伺いました!

ーー映画楽しく拝見させていただきました。渚さんのお芝居がとても雰囲気があってすごく引き込まれてしまいました。

ありがとうございます。でも演技…、演技してるって言っていいのかなあってくらいなんですけどね。以前、ドラマに出させてもらったことがあって、セリフも全然覚えられないし、迷惑かかるからもうやらんとこうと思ってたんです。でも今回お話をいただいた時に、セリフが無いって聞いて。

広告の後にも続きます

ーーセリフが無いお芝居というのもすごく難しいと思いました。

演技が出来た上で、喋らんで表現出来る人はそりゃすごいですけど、私はほんまに何も言っていないだけで(笑)。今回声をかけてくれた、監督さんとか制作の方の中に、私のイメージがあったと思うんですけど、「そんなんこっちは知らんで、やりたいようにやる!」って、開き直る思いでやりました。自由にやろうと。だから本当、思い切り自転車漕いで、海上でタバコ吸ってるだけ。

ーーこの役柄はあて書きなんですよね?(その役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本を書くこと)

あて書きかまではわからんのですけど、私をイメージして書いてくれていたみたいで。映画の主演って最初はドッキリか?とも思ったんですよ。『渚のバイセコー』ってタイトルにもなっているし。でもこのタイトルの渚は、監督が大島渚さんが好きで、大島渚さんが玉野市出身だからこれになったらしいです。私の渚やないんかいって(笑)。

ーー映画の中で漁師さんになってみていかがでしたか?

映画の中の渚は、漁は楽しくないけど流れ作業のようにやっていて、ある日自転車に出会って楽しみを見つけて、めちゃくちゃ笑顔になって。そこはなんかわかるな〜って感じだったんで。私は芸人ですけど、自分が楽しいことをやることが大事だと思っているから。わがまま言わせてもらってる時もありますけど。この映画もそうですけど、周りに恵まれて楽しいことをやれているのは本当ありがたいですよね。撮影で自転車乗ってるときも、普通に楽しんでました。私が自然がすごく好きなんで、玉野の自然が本当に良くて。気持ち良かったなあ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル