top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ブーム関係なし!王道の味が人を呼ぶ、早稲田「隴垣金城(ろうえんきんじょう)蘭州清湯牛肉面」

80C[ハオチー]

2017年8月、甘粛省蘭州市の老舗『馬子禄(マーズルー)牛肉面』の日本初上陸をきっかけに、注目が集まった蘭州牛肉麺(蘭州拉麺)。

以来、提供店舗が全国各地に急増し、身近な存在になりかけていましたが、この4年間で勢いはすっかり鎮静化。みなさん、もしかして「そういえば流行っていた時があったよねぇ」と記憶の奥にしまわれてはいませんか? 過去のブームや思い出の料理ではなく、今も美味い蘭州牛肉麺は健在です!

店名に込められた蘭州への郷土愛

今回ご紹介するのは、早稲田・大隈通りにある『隴垣金城(ろうえんきんじょう)蘭州清湯牛肉面』。2018年7月の記事蘭州を旅するように蘭州拉麺を楽しもう!in JAPANより2か月遅れの2018年9月10日にオープンした店です。

これまで数回ランチタイムに訪ねていますが、ピークタイムを過ぎても常に満席続きの盛況ぶり! 店内に飛び交う言葉は中国語が多めながら、店員さんは日本語もOK。メディアやSNSへの登場は少ないものの、今も多くの人が足を運んでいます。

『隴垣金城 蘭州清湯牛肉面』外観。

店名の『隴垣金城(ろうえんきんじょう』は、“甘粛省の都・蘭州”を表す中国語。

広告の後にも続きます

隴(lǒng|ロン)=甘粛省の略称
垣(yuán|ユェン)=都・城
金城(jīn chéng|ジンチォン)=蘭州の古称

生まれも育ちも蘭州で「蘭州牛肉麺が大好き」という店主が、本場の基準である一清(透き通ったスープ)・二白(軟らかく煮た大根)・三紅(辣油)・四緑(葉にんにくと香菜)・五黄(手延べ麺)にきちんと沿った故郷の味を日本で忠実に再現したい、との想いで開いたのだそうです。

麺の太さは4種類。一清 二白 三紅 四緑 五黄、王道のうまさ!

『隴垣金城 蘭州清湯牛肉面』の麺打ち現場。

蘭州牛肉麺は、目の前で打つ手打ち麺が基本。改めておさらいすると、現地で分類されている麺の太さは12種類!

▼円形麺(6種類)
毛細(直径0.5〜1mm) → 細 → 三細 → 二細 → 一細 → 二柱子(5〜7mm)

▼平麺(5種類)
韮葉(幅5mm程度、韮葉=ニラの葉)→ 薄寛 → 寛 → 大寛 → 皮帯寛(30〜40mm、皮帯=ベルト)

▼三角形麺(1種類)
蕎麦棱(蕎麦の実のような形)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル