top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

だし巻き卵、八宝菜、ぶり大根も長期保存!? おかず系缶詰6品食べ比べ

防災ニッポン

もしものときに備えてローリングストックしておきたい缶詰類。少し多めに買い置きして使った分を買い足していく備蓄方法ですが、なかでもおかず系缶詰はあけてそのまま食べられるので、災害時だけでなく、手のこんだ調理ができない時に便利です。今回は市販のさまざまな缶詰を料理研究家が実食レポート。ちょい足しで、もっとおいしくなる調味料や食べ方のアイデアも紹介します。

こちらの記事もおすすめ!→吉野家牛丼缶やさばカレー 災害食はおいしく長持ち

非常時だけなんてもったいない!広がる、缶詰の世界

「まさかこの料理も缶詰になっていたなんて!」と驚く、バリエーション豊富なおかず系の缶詰。今回は、全国に50店舗を展開する缶詰バー「ミスターカンソ」が監修したオリジナル缶詰をはじめ、だし巻きたまごやおでんなどの市販の缶詰6品を食べ比べてみました。

湯せんの方法を記載している缶詰は、卓上コンロと鍋を使って湯せんしました。缶詰によってはふたを開ける、開けないなど湯せんの方法が違うので、実際に食品を温める場合は、それぞれの注意事項にしたがってください。
まずこちらの3品を食べてみます。

 mr.kanso たこ焼


内容量/4個、190g
賞味期限/2024/7/21 ※

広告の後にも続きます

缶詰バー「mr.kanso」が独自に開発した、たこ焼の缶詰。1缶に4個入っています。たこ入りの生地がとっても軟らかいので、小さなお子さんから高齢者まで、食べやすい缶詰だと思います。
こちらはまずは常温で、その後温めて食したところ、ほとんど味に変わりがなく、電子レンジやガスコンロが使えない時に便利だと感じました。また、賞味期限が約3年と長いのもポイントです。もし家にあるなら青のりとかつおぶしをかけると、さらに風味がアップしますよ。

 mr.kanso だし巻き卵


固形量/135g
賞味期限/2024/5/24 ※

缶を開けるとこの状態で……

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル