top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

パンはどこ?果物いっぱいフレンチトースト

たべぷろ

「FRUIT GARDEN 山口果物」は、果物商が営むカフェ。一年中楽しめるかき氷やパフェなどのスイーツ系メニューが主体だが、軽食として異彩を放つのが「果物いっぱいフレンチトースト」だ。シェアをして楽しむ人が多い、人気の定番商品である。

登場するのは、一見すると美しいフルーツの盛り合わせ。トーストの姿はなく、「パンはどこ?」と探してしまう。というのも、パンは一口大に角切りされており、主役のフルーツに交じって顔を出しているのが同店流だ。6種類から2つ選べるフルーツソースが添えられており、そのままでもソースに付けてもと、自由に楽しめる。

パンはオーダーを受けてから角切りし、卵や牛乳、果物などで作る特製の液を染み込ませてバターで焼き、フルーティーな風味に。添えるソースは、使う果物により甘味とコクを入れ、メリハリある味に仕上げる。

「果物いっぱいフレンチトースト」 1700円(税込み)フルーツソースは、左がミックスソース、右がキウイ 一口大の角切りで食べやすく 果物を主役に パンが顔を出す盛り付け

「液に含まれるフルーツの酵素はパンの食感に影響します。角切りにすれば、スピーディーに液を染み込ませて焼けるため、パンの食感をキープできる。ナイフを使わずに一口で食べられる気軽さも長所です」と、山口直克店長は独特のスタイルにした狙いを語る。

果物は通年変わらない6種類(パイン・キウイ・イチゴ・バナナ・グレープフルーツ・ブルーベリー)で、バニラアイスをトッピング。秋には、カキやナシなどを使った限定メニューも登場する予定とかで、四季折々での旬の味の提供を目指したいという。

広告の後にも続きます

●店舗情報
「FRUIT GARDEN 山口果物 上本町本店」
所在地:大阪市中央区上本町西2-1-9

◇外食レストラン新聞の2021年8月2日号の記事を転載しました。

TOPICS

ジャンル