top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

驚異のオールナイト企画がスタート!6時間半の圧倒的スケールで描く歴史的大作『DAU.退行』とアルゼンチンの14時間半の超・長尺『ラ・フロール 花』を3週連続で上映‼

cinefil

◉Vol.2:『ラ・フロール 花』

〈第1部〉11月27日(土)開場:23:30 /開映:24:00/終映:4:00
〈第2部〉12月4日(土)開場:23:30 /開映:24:00/終映:5:45
〈第3部〉12月11日(土)開場:23:30 /開映:24:00/終映:5:10

料金:2,500円(一般)2,000円(会員)

*終映時刻は多少前後する可能性がございます。

4人の女優とともに、B級スリラーからミュージカル、スパイものからメタ映画そして有名クラシックのリメイクと、あらゆる映画ジャンルを華麗に横断し、映画の「物語」の快楽と、それにまつわる歴史の再構築を試みる、愛と狂気の野心作がついに公開。

広告の後にも続きます

制作期間10年、868分の超・長尺の圧倒的なボリュームで既成の映画のあり方に対峙し、ロカルノ・トロントを始めとする国際映画祭で批評家の絶賛を浴びたアルゼンチンの鬼才マリアノ・ジナスの3つのパート、6つの独立した物語で構成される極大映画。ジャック・リヴェットの精神性を引き継ぐとも評される本作を、ジナス監督は自ら「フィクション版『ゴダールの映画史』」と呼ぶ。ボルヘス・コルタサル・ボラーニョの語りの遊戯性を想起させる「終わらない映画」。

「トータル十四時間半の途轍もない超大作で、つまんなかったらどうしようかと思っていたが、死ぬほど面白かった!大傑作! ――佐々木敦(著述家)」

監督:マリアノ・ジナス 
出演:エリサ・カリカホ、ピラール・ガンボア、バレリア・コレーア、ラウラ・パレデス
デジタル/868分(アルゼンチン)/2018年

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル