top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本アカデミー賞で3冠に輝いた松坂桃李主演の社会派サスペンス「新聞記者」(2019)

エンタメウィーク(映画)

日本アカデミー賞で3冠に輝いた松坂桃李主演の社会派サスペンス「新聞記者」(2019)

解説

「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。そんなある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまう。真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。そんな2人の人生が交差し、ある事実が明らかになる。監督は「デイアンドナイト」の藤井道人。第43回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(松坂桃李)、最優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)の3冠に輝いた。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

スリルがクセになるさん ★★★★★

おそらく、今日本人が最も見ておくべき映画と言っても過言ではないかもしれません。すごい映画体験です。それは決して、ものすごいド派手なアクションがあるという意味ではありません。動ではなく静の映画ですが、こんなに力強いメッセージ性を持っていて、決して他人事ではなく冷や汗をかいてしまうような作品が世に出たこと自体評価にあたるかなと思います。

内閣情報調査室に勤める、松坂桃李演じる杉原と、シム・ウンギョン演じる新聞記者の吉岡がそれぞれの立場にたって、正義を貫こうとする物語。二人とも本来なら敵として対岸にいるようなのに、結果として求めている正義が国民を守る、民主主義を間も守るという未来だったからこそ協力関係になる。しかし、彼らの前に立ちはだかるものは我々の想像をも超えるほど、強大なものでした。

監督を務めたのは『家族とヤクザ』や、最新作『余命10年』で知られる藤井道人。吉岡を演じたシム・ウンギョンは韓国の女優さんで、『怪しい彼女』や『サニー 永遠の仲間たち』などに出演する有名な方。本作への出演をきっかけに『ブルーアワーにぶっ飛ばす』や『架空OK日記』など邦画作品への出演が度重なっています。映画のラストは、彼女の表情のみで語られるもので、思わず息を飲みました。


「新聞記者」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル