top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

下関で「灯台」テーマに講演会 ~日本の繁栄を支えた近代化遺産~

OVO

 

 船の航行に欠かせない灯台。島国、日本では3,000基以上の灯台が、海の安全を守っている。その灯台をテーマにした講演会が、海上交通の要衝、関門海峡に面する山口県下関市で、10月24日に開催された。下関市にある近代化遺産と併せて紹介する。

「灯台」テーマに講演会

 講演会は、全国近代化遺産活用連絡協議会(略称・全近)の主催で企画された。全近は、幕末から第二次世界大戦までの間に、日本の近代化に貢献した産業・交通・土木に関連した建造物である「近代化遺産」の保護・活用に取り組んでいる。

講演に先立ち、前田晋太郎下関市長から「さまざまな視点で灯台の魅力を語ってほしい。近代化遺産を地域資源として活用するための第一歩となれば」と期待が寄せられ、海上保安庁第七管区海上保安本部の江口満本部長は「灯台を管理する者として、関連装備の保守、管理をして未来につなげたい」と述べた。

演題を「ブラントンの灯台の設置個所と建築的特徴について」として、東京工業大学の藤岡洋保名誉教授が講演した。リチャード・ヘンリー・ブラントンは、1868年にイギリスから来日した灯台技師で、9年間の滞在中に30基の灯台を建設したとされる。

広告の後にも続きます

ブラントンが関門海峡などに建設した洋式灯台について、藤岡氏は「イギリスやフランスなどの列強国が、香港や上海から神戸や横浜への定期航路を整備するために建てられた」と指摘。さらに「明治政府も近代化には、灯台の重要性を認識していたが技術力がなかった。そのため海外の灯台技師を頼った」と解説した。

また、当時の日本では強度の低いレンガしか入手できなかった点に触れ、「構造を二重円筒にするなど、耐震・耐風への配慮が見られる」とブラントンの業績を評価した。

 藤岡氏の講演に続いて、灯台の歴史を研究する星野宏和氏、フリーペーパー「灯台どうだい?」の不動まゆう編集長を加えて、「重要文化財に指定された灯台の今後の展望について」と題したトークセッションが行われた。

 星野氏は「灯台は地域の宝。後世につなげることが使命だ」とし、不動氏は「地元の灯台も愛してほしい」と参加者に呼びかけた。

 ブラントンが設計し、1872年に点灯した部埼灯台の見学会で、講演会の登壇者に灯台にまつわる話を聞いた。発言内容の要約は下記の通り。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル