top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「第22回東京フィルメックス」最優秀作品賞は 『見上げた空に何が見える?』『時の解剖学』2本同時受賞! 観客賞は濱口竜介監督『偶然と想像』に決定!

cinefil

毎年、新しい出会いに満ち映画の未来を照らしてきた映画祭「東京フィルメックス」。
今年は最優秀作品賞が2本同時受賞し、観客賞には濱口竜介監督作『偶然と想像』が選ばれました。

(c) IKKI_KOBAYASHI_TOKYO_FILMeX

9日間に渡って開催された「第22回東京フィルメックス」。今年は、神谷直希が新たにプログラム・ディレクターに就任、<継承と継続>を掲げ、これまで以上に独自性を有した刺激的な作品がラインナップ。連日、新たな映画との出会いに会場は盛り上がりを見せ、最終日の授賞式を迎えた。

<「第22回東京フィルメックス」授賞式>
【日時】11月7日(日)16:50~17:30 
【場所】有楽町朝日ホール (千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
【ゲスト】(敬称略)
国際審査員<諏訪敦彦(名前読み:のぶひろ)、ウルリケ・クラウトハイム、小田香>学生審査員<堀内友貴(名前読み:ゆうき)、福岡佐和子、柳川碧斗(読み:あおと)>神谷直希(プログラム・ディレクター)/高田聡(『偶然と想像』プロデューサー)
※国際審査員は4名。オリヴィエ・デルプは授賞式は欠席。

まず冒頭は、映画分野における人材育成事業「タレンツ・トーキョー」の結果発表。選ばれたのは、木村あさぎの「あなたの髪は青緑の実から」。
木村は、「私が映画を撮ることに戸惑って、何年間も撮ることから逃げていたが、タレンツの映画に対する情熱を直に感じることができて、とてもインスパイアされ勇気もをもらった」と感謝の気持ちを込めたメッセージを届けた。またスペシャル・メンションとして、ラッチャプーン・ブンブンチャチョークの「A Useful Ghost」と、アルヴィン・ベラルミノの「Ria」が選ばれた。

左より諏訪敦彦、小田香、観客賞受賞『偶然と想像』プロデューサー高田聡、ウルリケ・クラウトハイム
(c)吉田留美

広告の後にも続きます

続いて、観客賞の発表へ。プログラム・ディレクターの神谷が冒頭に「この9日間、この映画祭が色々な人の力によって成り立っていることを実感した。この場で全ての人に感謝を述べたい。」と挨拶し、今年の開催を振り返り、改めて感謝を述べた。

神谷直希(プログラム・ディレクター)
(c)吉田留美

観客賞は、今年のオープニングで上映された濱口竜介監督『想像と偶然』。残念ながら来場できなかった濱口監督からメッセージが届き、「フィルメックスは2008年に『PASION』という作品で初めて参加した。それから13年が経って、自分がこのような大きな、温かい気持ちににならるような賞をいただけてとても嬉しく思う。会場から大きな笑い声が響くたび、幸せな気持になりました。」と喜びを伝えた。

『想像と偶然』

高田聡(『偶然と想像』プロデューサー)
(c)吉田留美

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル