top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

医師が実名で語った「私のがん体験」抗がん剤で本をめくれないほどのダメージが/唐澤久美子医師

SmartFLASH

唐澤久美子医師

 

自身の病巣を冷静に診る医師としての顔、ショックで怯える “患者” としての顔――。がんになった医師たちが、その体験を赤裸々に語った。病院や治療法をどう選んだのか、苦しみをどう乗り越えたのか。そして、どんな “がん名医” が彼らを治療したのか!?

広告の後にも続きます

 

58歳で乳がん(ステージ2)になった東京女子医科大学病院 放射線腫瘍科教授・基幹分野長の唐澤久美子医師(62)。

 

 

ある日の入浴中、唐澤久美子医師は乳がんに気づいた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル