top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松井秀喜、「甲子園5連続敬遠」に感謝!?「自分のエネルギーになった」理由とは

アサ芸プラス

 元プロ野球選手の松井秀喜氏と言えば、巨人からMLBに渡り、ニューヨーク・ヤンキース時代の2009年にはワールドシリーズ優勝を経験。同年、アジア人初となるワールドシリーズMVPを受賞すると、13年には国民栄誉賞も受賞。日本プロ野球界が誇る逸材である。

 そんな松井氏の名前を一躍全国区に押し上げたのは、松井氏が高校3年時(1992年)の夏の甲子園における、2回戦の明徳義塾高校戦だろう。ランナーの有無にかかわらず、松井氏は5打席連続敬遠を受け、高野連が急きょ記者会見を開くなど、社会問題にまで発展したものだ。

 その松井氏が、巨人時代にはチームメイトだった元プロ野球選手・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に出演し、29年振りに当時の心境を振り返った(2021年10月22日付け投稿回)。

 敬遠はそれまでに何度も経験してきたが、全打席の敬遠は「さすがに初めてだった。しかも、あれが高校で最後の試合だったから」と松井氏。そして、こう落胆した胸の内を明かした。

「オレ、最後は20球見送って、自分の高校野球終わるんだと思って。自分は何をやってきたんだろうな、3年間…」

広告の後にも続きます

 しかし、こうも語った。

「今思うと、逆に感謝してますよ。あれだけ注目してもらえてね、あの敬遠自体が自分のエネルギーになったから」

 5連続敬遠を受けたバッターとしてふさわしいよう、プロでその実力を証明しようと励みにもなった、と前向きに語ったのである。

 もっとも、前述の明徳義塾高校との敗戦後は、松井氏は、甲子園の砂を持って帰らなかったが、星陵ナインも持って帰らなかったんじゃないか?といった意外な過去も振り返った松井氏。

 仲間の悔しさも背負い、その思いがプロでの「ゴジラ旋風」につながったのではないだろうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル