top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

集中連載-『愛のまなざしを』 | 万田珠実さん制作日誌 「撮影現場“で”、お邪魔しました。」 第8回

cinefil

刻々と日は傾き、すっかり夕景に

以前、この監督は役者に細かい演出をすると書きましたが、中にはその方法を取らず自由に動いてもらう役者さんもいます。今回はそれが斎藤工さんでした。斎藤さんは、自然体の演技が持ち味の役者さんだと思います。それゆえか監督も斎藤さんには特に動きを指示しなかったと思いますが、そのため茂には、貴志や綾子にはない柔らかさやナチュラルさが出ました。そこに、「台詞はなるべく脚本通りにお願いします」という私の僭越な注文のせいで固さや不自然さが加わり、いつもとはひと味違った斎藤工の魅力が生まれているのではないかと思うのですが…。これもまた、図々しい脚本家の欲目でしょうか。

ネズミ色の制服を着ても華がある工さん

『愛のまなざしを』予告 

【STORY】
亡くなった妻に囚われ、夜ごと精神安定剤を服用する精神科医・貴志のもとに現れたのは、モラハラの恋人に連れられ患者としてやってきた綾子。恋人との関係に疲弊し、肉親の愛に飢えていた彼女は、貴志の寄り添った診察に救われたことで、彼に愛を求める。いっぽう妻の死に罪悪感をいだき、心を閉ざしてきた貴志は、綾子の救済者となることで、自らも救われ、その愛に溺れていく…。しかし、二人のはぐくむ愛は執着と嫉妬にまみれ始めるのだった――。

広告の後にも続きます

出演:
仲村トオル 杉野希妃 斎藤工 中村ゆり 藤原大祐
万田祐介 松林うらら
ベンガル 森口瑤子 片桐はいり

監督:万田邦敏
脚本:万田珠実 万田邦敏

公式HP:aimana-movie.com
Facebook:aimana.movie
Twitter:aimana_movie
instagram:aimana_movie

2021 年 11 月 12 日(金)より渋谷ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、キネカ大森、 イオンシネマほかにて全国順次公開!

映画『愛のまなざしを』公式サイト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル