top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

篠原涼子にキスした東野幸治「今ならパワハラとセクハラ」

SmartFLASH

 アイドル・東京パフォーマンスドールとして活動しながら、『ごっつ』に出演していた篠原。ほんこんからもキスされ、「キャシィ塚本」のコントで松本人志から「乳なし」とイジられたり、グーで額を殴られ涙したりと、体を張った笑いに挑んでいた。

 

 その後、小室哲哉プロデュースの『恋しさと せつなさと 心強さと』がダブルミリオンを記録。以降、女優として主演ドラマ『anego』(日本テレビ系)、『アンフェア』(フジテレビ系)などで大ヒットを飛ばした。

 

 そんな篠原について今田耕司は、2017年11月18日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で絶賛。

広告の後にも続きます

 

「ほんまあの子な、ええ子やで。『あれ(『ごっつ』)があったから、今の私があるんです』って。普通、黒歴史やんか。大女優なのに。出てたことも言いたないやん」

 

 その場にいたほんこんも「会うて話しかけてきたら、みんな不思議がるもん。スタッフとかが。『なんでほんこんに話しかけてる?』って」と、今でも当時の仲間に気さくに話しかけていることを明かしていた。

 

 1990年代をテーマにした主演映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が公開中の篠原。歌唱力、演技力はもちろん、人との縁を大切にして、芸能界の荒波を乗り越えてきたようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル