top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

出口調査第1位!批評家のみならず観客からも絶賛の声相次ぐ『スウィート・シング』-アレクサンダー・ロックウェル監督と主演で監督の娘であるラナによる<スペシャル父娘インタビュー>

cinefil

出口調査第1位に輝き、批評家のみならず観客からも絶賛の声相次ぐ『スウィート・シング』 米インディーズのアイコン アレクサンダー・ロックウェル監督と主演で監督の娘であるラナ・ロックウェルの<スペシャル父娘インタビュー>を公開!

『イン・ザ・スープ』(1992)や『フォー・ルームス』(1995)などで知られる米イン ディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督。その 25 年ぶりの日本公開と なる最新作『スウィート・シング』が、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリ テ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開中だ。

本作は、頼る大人がいない 15 歳の姉ビリーと 11 歳の弟ニコ、そしてその家族の物語。主 人公を監督の実の娘ラナと息子ニコが演じ、スーパー16 ミリフィルム撮影のモノクロと パートカラーの映像はじめ、一貫してインディーズにこだわり続けてきたロックウェル監督らしい映画愛溢れる一編。インディーズ作品好きや映画ファンを中心に本作を絶賛する声が相次ぎ、11/1 発表の「10 月第5 週公開映画の初日満足度ランキング」(Filmarks) では第1位を獲得した。

アレクサンダー・ロックウェル監督

このたび、ロックウェル監督と、主役のビリーを演じた実の娘でもあるラナ・ロックウェル が、ニューヨークの自宅で取材に応じた。ロックウェル監督の映画作りの秘密と、今は 18 歳 になったラナのみずみずしい演技の秘密に迫る。

◆アレクサンダー・ロックウェル監督&主演ラナ・ロックウェル <スペシャル父娘インタビュー>

広告の後にも続きます

一番取りたいものは一番身近にあった(ロックウェル監督)

Q:この映画をつくろうと思った理由は?
監督:この映画の数年前に、娘のラナと息子のニコを主役にして『Little Feet』という映画を撮った。当時、僕たち家族はロサ ンジェルスに住んでいたんだけど、ハリウッドでは思うように映画を撮れなくて、純粋な映画づくりに戻ろうと思ったんだ。自分の資金で、今一番撮りたいと思うものを撮ってみようと。それがラナとニコを撮ることだった。その後、僕らはニューヨーク に戻ったんだけど、ラナの助言もあって、もう一度2人と映画を作ってみたいと思った。それがきっかけなんだ。

Q:ラナさんは『Little Feet』の後は、演技を続けていたのですか?
ラナ:『Little Feet』の撮影時は7歳でした。あの頃はまだ、映画撮影と言っても、何か遊びをしているような気持ちでしたけど。その後は、父の学生たち(ロックウェル監督はNY大学大学院で映画を教えている)の短編に出演したことがありますが、 撮影は1日か2日だったので、『スウィート・シング』のように演技に打ち込んだのは初めてです。『スウィート・シング』を撮影していたのは 15 歳になった時で、今は 18 歳です。

2020年ベルリン国際映画祭にて。

ラナはカメラに愛されている(ロックウェル監督)、父だから心の底から信頼できた(ラナ)

Q: 監督から見てのラナさん、ラナさんから見ての監督について教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル