top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

缶切りがない!瓶のふたが固い!非常時に役立つ缶・瓶の開け方

防災ニッポン

(4)穴が開いたところから、穴を広げるようにこじ開けていきます。

(5)開封できました!

【ポイント】
・ティースプーンではなく、大きめのスプーンの方が力を入れやすいのでおすすめです。
・缶が滑らないように、タオルなどを敷いておくとやりやすくなります。
・缶の縁でけがをしないように気を付けてください。

実際に試してみると、缶をスプーンで開けるにはかなりの力が必要でした。途中でスプーンを握っていた手が痛くなり、家族の力も借りることになりました。
開け始めてから20分ぐらい格闘して、やっと半分ほど開いて中身が取り出せるようになったところで力尽きました。

最初の穴を開けるまでに5分ぐらいかかりましたが、穴を開けるところはその後に比べればまだそこまで大変ではありません。とにかく体重を掛けながらあきらめずにこすり続けてください。
そのあと穴を広げていくところがかなり大変です。グリグリとスプーンを押し付けたり、缶のフタをスプーンで押し上げてみたり、色々な方向から力をかけて少しずつ穴を広げていきます。かなり骨が折れる作業でした。缶切りって本当に便利な道具なんだな、と実感しました。

瓶が開かないときは…粘着テープを使おう!

広告の後にも続きます

とても固くて何をやってもまったく開けられない瓶のフタってありますよね。それがなんと粘着テープを使えば開けやすくなるそうです。チャレンジしてみます!

【手順】
(1)フタの外周より少し長く粘着テープをカットします。

(2)粘着面が表にくるように、半分に折ります。

(3)フタの外周に貼り付けます。

(4)粘着テープの上からフタを握って開けます。

(5)開きました!

【ポイント】
・紙製のクラフトテープより、布テープのほうが滑らずに力が入れやすいと思いました。
・皮膚が弱い方は皮膚を傷める可能性があるので注意してください。

粘着テープを使うことでフタと手の摩擦が強くなって、開けやすくなります。力をかけずにスルッと開けられるわけではなく、まったく開かなかったものが何とか開けられるようになる、という感覚です。
皮膚が持っていかれるような感覚があり、手のひらが少しヒリヒリしました。やりすぎには気を付けてくださいね。

いざというときのために覚えておいて損はない

以前、キャンプにプルトップ缶の缶詰食品を持って行ったとき、プルタブが取れてしまって缶が開けられなくなり、結局食べることが出来ずにかなりショックだったことがありました。そのときにこの方法を知っていれば良かったのに…!
瓶の開け方は災害時に限らず、日常でも活用できそうです。

今回試してみて、缶切りの便利さを痛感しました。スプーンで缶を開けるのはかなり骨が折れる作業で、スプーンで缶を開けた翌日、腕が筋肉痛になったほどです。1個の缶を開けただけでこの状態ですから、やはり食品の備蓄と一緒に缶切りをあらかじめ用意しておくのが良いと思いました。

どちらの方法もかなり力は必要ですが、開封できて中の食品が食べられるのは本当にありがたいですよね。繰り返しますが、けがをしないように気を付けながら試してみてくださいね。

<執筆者プロフィル>
シマサキアヤ
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
何通りもの使い道!災害時に役立つ「ラップ」活用法

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル