top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

危機管理産業展2021で発見!これは欲しい個人向け防災グッズ

防災ニッポン

災害激甚化に伴って防災グッズも進化している

危機管理をテーマにした国内最大規模の展示会「危機管理産業展2021」が10月、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催されました。「防災・減災」ゾーンの展示から、これはいいなと思ったサービスや防災グッズを紹介します。災害食や、水を使って食品を温める袋、そして必ず必要になるトイレ関連グッズ…など。自然災害は激甚化していますが、防災グッズも進化しています。

危機管理産業展2021とは

「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」は東京都の特別協力のもと東京ビッグサイトが開催している展示会です。17回目となる今回は216社が出展し、3日間で11905人が訪れました。「防災・減災」が「事業リスク対策」「セキュリティ」とともに主要テーマのため、主に自治体や法人向けの多様なサービスや防災関連用品が集まっていました。

写真説明:会場には東京消防庁の特殊車両「VR防災体験車」の体験コーナーもありました。

必要な備蓄品と数量がわかる「東京備蓄ナビ」

家庭の備蓄には何がどのぐらい必要なのか。東京都総務局総合防災部のブースでわかりやすく展示されていました。

これは、東京都の「東京備蓄ナビ」(https://www.bichiku.metro.tokyo.lg.jp/)による必要な備蓄を実物大のグッズで見える化したものです。「東京備蓄ナビ」は2021年3月から始まったサービスで、家族の性別や人数、年代などを選ぶと、品目と数量が示されます。

夫婦と乳幼児、高齢者の4人家族で戸建て住まい

広告の後にも続きます

展示は、夫婦と乳幼児、高齢女性の4人家族が、戸建て住居に住んでいる場合。水は1人1日3Lとして35L。食品は無洗米4kg、レトルトご飯27食、缶詰9缶、レトルト食品9個など。乳幼児用の粉ミルクや液体ミルク、高齢者用におかゆ9食や入れ歯洗浄剤90錠もあります。生活用品としてマスク9枚、ポリ袋1箱、ティッシュペーパー4箱、簡易トイレ45回分、トイレットペーパー4ロール、アルミホイル1本など。品目と数量は具体的で、必要量をそろえた場合、これだけのスペースを占めるわけです。

備蓄は家庭ごとに異なりますが、実物大の量を目にすると、使った分だけ買い足していくローリングストックが望ましいとわかります。

災害食はアレルギー対応・野菜たっぷり・常温

続いて日本災害食学会のブースへ(=写真)。「尾西食品」「亀田製菓」「ブルボン」「ハウス食品」「アルファー食品」「サタケ」「カゴメ」など食品メーカーがイチオシ商品を展示していました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル