top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寺島しのぶ「首絞めプレイ」で本当に逝った!?女優“非日常の情交”場面総覧

アサ芸プラス

 ちょっとした非日常から何でもアリの完全倒錯まで。日本映画はアブノーマルプレイの宝庫である。その痴態場面の数だけ、女優たちは禁断の向こう側へと堕ちていったのだ。

 一度その味を知ったら、もう引き返せない─アブノーマルな趣味の持ち主は、女性にそうささやくことが多い。寺島しのぶが「愛の流刑地」(07年、東宝)で演じた既婚者は、まさに引き返せなくなった典型例だ。

 寺島はファンだった小説家の豊川悦司と一線を越えてしまう。何度も逢瀬を重ねるうちに「首絞めプレイ」にハマッていく。ある晩、また絶頂感を得たくなった寺島は「本当に好きなら、首を絞めて」と叫ぶ。女性が上になる形でつながったまま、豊川は下から両手で首を絞め上げた。髪を振り乱し、「アーッ」と叫ぶとガクガクと体をくねらせた寺島は悦楽の表情のまま、本当にあの世に逝ってしまったのだ。

「映画業界では、寺島のイキ顔は『演技ではなく本物だったのでは』と、いまだに語られるほど、迫真のプレイでした」(沖氏)

 犯罪めいたアブノーマルシーンは他にもある。例えば、小島聖が体当たりの熱演を見せた映画「完全なる飼育」(99年、東京テアトル)もそのひとつ。竹中直人が演じる男に、女子高生の小島は誘拐されて部屋に閉じ込められる。が、極限の状態で小島は、竹中を愛してしまう。それからというもの、竹中に突かれるたびに「アウッ」と体を弾ませて喜ぶ異様さには度肝を抜かれた。

広告の後にも続きます

 さらに風吹ジュンとなると、より犯罪性が高いアブノーマルプレイを演じている。映画「蘇える金狼」(79年、東映)で、巨大資本乗っ取りを企む松田優作にドラッグを仕込まれ、“情交漬け”にされてしまうのだ。

 ベッドでの濃密プレイに留まらず、トイレの便座に座る松田にまたがり、対面で合体。その体勢は完全に「駅弁スタイル情交」である。ここで松田が立ち上がっていれば、かの村西とおる監督は「元祖」を名乗れなかったはず。ただ、風吹の反応はドラッグのせいで、並みの艶系ビデオを超えていた。朝方のバック突きで、風吹はシビれすぎて意識朦朧の中、妖しい恍惚の表情を浮かべる。

 公開から10年後、本誌に風吹は、「演技というより、そのままの自分を出した」と語っている。

 高島礼子が「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)で見せたホテル窓際での立ち姿でのバック。この見せつけプレイの好事家は多い。

 また、映画「愛の渦」(14年、クロックワークス)で門脇麦は、男女入り乱れるプレイを熱演。某サイトの調査では20代男性の15%強が3P以上の性的行為の経験者というから、日常の延長になりつつあるのが現状なのか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル