top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐津川愛美が“17歳と32歳” 圧巻の演技!港岳彦によるオリジナル脚本を榊英雄監督が7年かけて映画化、親としての感情をぶつけた新境地作『蜜月』

cinefil

人間の心の暗部をあぶり出し、レイティングR15指定となった衝撃的な描写で観客を挑発、社会問題を投げかける問題作。まさに、榊英雄監督にしか生み出せない、家族の愛の物語『蜜月』が、2022年春テアトル新宿を皮切りに全国ロードショー公開されることが決定しました。

『捨てがたき人々』など、これまで社会の片隅で生きる男たちを描き定評のある榊英雄監督が、7年越しに取り組み、リアルな親としての感情をぶつけ、“家族の愛”という新境地を切り開いた。

本作は、母親との抑圧された暮しの中で歪められた少女の幼く危うい性を描き、生ぬるい家族愛映画とは完全に一線を画したオリジナル作品となっている。『MOTHER マザー』など一貫して社会的抑圧や差別を題材にした作品を執筆している日本映画界を代表する脚本家・港岳彦によるオリジナル脚本。

母親は、離婚し心を病んだ。娘美月は激しい母親の抑圧の中で、子どもながらに病める母を支え必死に生きてきた。母が新たな伴侶を得て、四人家族となったとき、美月は、やっと温かな居場所ができることを期待した。
美しい17歳に成長していた娘、その『女という性』に対し嫌悪・嫉妬し、性的に抑圧する母。美月はそれでも懸命に家族の温もりを求める。しかし愛を知らない美月の<愛し方>が家族を壊していき、ついには哀しい事件が起こる。15年の年月が流れ、美月は夫と穏やかな暮らしを得た。そこに、義弟が15年ぶりに現れ、母の死を告げる。さらに、15年間にわたる過酷な義母の介護も知らされ、愕然とする。固く封印していた過去があふれ出す。愛する夫との暮らしを守るためにも目を背けてはいけない。それはあまりにも切なすぎる秘密だった・・・

ヒロインを演じたのは、話題作に立て続けに出演し、自身でも監督をするなどマルチな才能で活躍の場を広げている佐津川愛美。傷つきながらも愛を求め疾走する17歳、秘密を抱えながら夫と支えあう32歳、過酷な家族環境下、懸命に生きる一人の女性の成長という難しい役を見事に演じきり、榊監督の要求に応えた女優魂には感服。役に憑りつかれたような圧巻の演技に「フランスの至宝イザベル・ユペールを彷彿させる」との絶賛の声も上がる。

広告の後にも続きます

©2022「蜜月」製作委員会

社会問題を世に問う監督の挑戦に共鳴し、難役を演じることを自身で決め、監督と4年の歳月をかけて“美月”を創りあげてきた。美月を演じきった佐津川愛美は、「…もがき苦しんで生まれたこの作品を、榊組で完成させられたこと、役者として誇りに思います。…」とコメント。
美月のとる、無垢で幼い行動と痛ましい行動との落差。感情をぶちまけるシーンで観客は彼女の”狂気”に嫌悪感を持つかもしれない。しかし衝撃のラストで秘密が明かされ、その切なすぎる真実に心が揺さぶられ、皆、 17歳の美月がまだ子どもであったと気づく。彼女の迫真の演技は榊監督の演出と見事に融合し、観客のこころを揺さぶる。

©2022「蜜月」製作委員会

親は自分では選べず、親によって人生が左右されてしまう――SNSでトレンドワードになった“#親ガチャ”が世間をざわつかせている。本作では、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、ヤングケアラーなどこれまで家族の問題として隠されてきた問題を、社会問題としてとらえ、家族の絆、つながりの大切さを真摯に描き出す。プライベートでリアルに子育て中の父親であり家族と暮らす榊英雄監督は「…映画館の暗闇の中こそに、この家族の物語があぶりだされると信じて。… 」とコメント。
現代家族が抱える闇をえぐる、重厚な人間ドラマであり、極上の社会派エンターテインメントに注目です。

【コメント】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル