top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奥田裕介 監督『誰かの花』東京国際映画祭「アジアの未来」部門にてワールドプレミア!前作から四年かかった監督の想いを語る!

cinefil

東京国際映画祭「アジアの未来」部門にてアジアの10作品に選出された『誰かの花』(奥田裕介 監督)のワールドプレミア上映が2021年10月31日(日)有楽町角川シネマで開催された。

ワールドプレミアは一般席完売、多くのマスコミと満員のお客様の熱気で本作に対する期待が強く感じられた。

本編上映前の舞台挨拶には、奥田裕介監督、カトウシンスケ、和田光沙、篠原篤が登壇し、会場を沸かせた。上映後のQ&Aも行なわれ、奥田監督へ多くの質問が寄せられた。

広告の後にも続きます

以下、奥田裕介監督Q&Aより抜粋

前作から四年かかった監督の想いを込めた作品

長編一作目『世界を変えなかった不確かな罪』の編集中に身内を交通事故で亡くしました。それから脚本が一行も書けなくなりました。
自分の中で身内の死に向き合わないと自分の想いが昇華できないな、ということを強く感じ向き合うことを決意し作品に向き合いました。

自分たちはある側面から見ると交通事故で亡くした被害者家族なのですが、いつ加害者になってしまうかということを考えると怖くて車を運転することも考えてしまうようになりました。
被害者の家族が加害者の立場になったときにどう考えるか、ということを年頭に置きながら構想を練りました。

ジャック&ベティ30周年企画として自由に創作できた

この作品は横浜のシネマ、ジャック&ベティの30周年企画作品として監督させていただきました。
ジャック&ベティさんもプロデューサーも、自分のパーソナルな作品ということをすごく理解を示していただき、自分の脚本を大切に自由に作品創りに向き合わさせていただきました。

目線を大切にした作品

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル