top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界的に高評価だった東京2020大会ボランティア。海外選手との裏話

パラサポWEB

東京2020大会の開催は、さまざまな人々の力によって実現した。中でも一般市民が参加したボランティアは、無観客という状況下では選手団をそばで支えることのできる唯一の市民代表となるため、特に重要な活動だったと言える。一人ひとりがどんな思いを持って参加し、どんな経験ができたのか。縁の下の力持ちの視点で見た東京2020大会を、ボランティアとして参加した、藤堂栄子さんと湯浅朋子さんのお二人に語っていただいた。
※本記事は、日本財団ボランティアサポ―トセンターとのコラボレーション企画となります。

選手たちへのリスペクトの思いに突き動かされて

藤堂栄子さん

コロナ禍という史上初とも言える苦境の中で行われた東京2020大会。国内でも開催に関しては議論が分かれ、ボランティアでの参加を断念した人も少なからずいた。

「いろいろな意見が聞こえてきましたが、私には全く関係ありませんでした。それよりも、4年間頑張ってきたのに1年開催が延期になって出られなくなったり、亡くなったりして人生が変わってしまったアスリートがいる一方、水泳の池江璃花子選手のように病気を克服して出場できたアスリートもいます。反対する声があったとしても、そのために頑張ってきた人達に対するリスペクトの思いから、参加することに躊躇はありませんでした」

と語るのは、アンゴラ共和国を皮切りにスペイン、ロシア、そして最終的にフランスの女子ハンドボールチームのリエゾン(チームに帯同して通訳とともに日常の細かなことをサポートする)として活動した藤堂栄子さん。藤堂さんは、読み書きの能力に困難を抱える症状「ディスレクシア」の、正しい認識の普及と支援を目的とするNPO法人EDGEを主宰し、去年コロナで延期したイベントをやっと今年開催させた。それにより周囲から感謝された経験から「場を提供するのは大事なこと」だと実感していたのも、大会ボランティアへの参加へ背中を押したのだそうだ。

一方、以前カナダに留学した際のホームステイ先がユニバーシアード(国際大学スポーツ連盟が主催する総合競技大会)のコーチ宅だったことから、スポーツの素晴らしさ、アスリートの凄さを知った湯浅朋子さんは、長野パラリンピックなど数々のスポーツ大会のボランティアを勤める。そして、かねてカナダのスポーツチームと繋がりがあったため、東京2020大会の開催が決まった当初、カナダオリンピック組織委員会からボランティアに採用されていた。

湯浅朋子さん

広告の後にも続きます

「私は宮崎出身・在住なんですが、地元ではスポーツの国際大会が開催されることが多かったんです。子供の頃からボランティアとして参加する機会が多く、あるときカナダのチームと親しくなりました。それが縁でカナダに留学することになり大変お世話になったので、いつかカナダに恩返しするのが願いでした」(湯浅さん)

しかし、思いも寄らぬコロナ禍の影響で、カナダオリンピック組織委員会は昨年3月、日本に選手を送らないことを決定した。湯浅さんは呆然とする。

「それからも、カナダからは延期になった来年まで、あなたたちはカナダから選ばれたことを誇りに思って、とにかく安全にいてほしいと何度も連絡が来ました。選手たちも頑張って練習しているからと。でも、結局直前になってボランティアチームは解散することになってしまいました。残念でしたが、彼らも苦渋の決断だったと思うので諦めるしかなかったですね」(湯浅さん)

その後、湯浅さんの元にはカナダオリンピック組織委員会からチームのメンバーの一員であるとして認証書が送られてきた。結果的にカナダチームへの参加は叶わなかったが、カナダからの温かいメッセージ、そして困難に立ち向かうボランティア同士の固い絆が生まれたことにより、オリンピックへの思いはさらに強いものになったのだという。

選手がユニフォームを忘れた!? トラブルから生まれた勝利のジンクス

フランスチームが優勝した時に撮った記念写真は藤堂さんの大事な宝物(撮影時のみマスク非着用)

前回の1964年の東京オリンピックは、外交官をしていた父親の仕事の関係でイタリアに住んでいたため日本のチームの様子が分からず、もどかしい思いをしたという藤堂さん。ところが、2012年のロンドンオリンピックとパラリンピックの、ちょうど狭間の時期に偶然にもロンドンに滞在する機会があったのだそうだ。

「ボランティアの方たちが、とってもにこやかにWelcomeといった感じで外国人を迎えているのを目にしたんです。道を聞いてもとても親切にしてくれて。このロンドンでの体験と、子供の頃東京オリンピックを身近で見られなかったもどかしさがきっかけで、東京2020大会ではボランティアで参加しようと決めました」(藤堂さん)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル