top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

演劇界の最先端をひた走る異才、根本宗子作品初の映画化‼山岸聖太監督『もっと超越した所へ。』-主演は前田敦子、彼氏役を菊池風磨!キャスト/スタッフ コメント到着!

cinefil

2015年に下北沢のザ・スズナリで上演された舞台「もっと超越した所へ。」(作・演出・出演/根本宗子)が映画化されることが決定いたしました。主演は前田敦子、彼氏役を菊池風磨が務めます。脚本は舞台と同じく根本宗子が手掛け、WOWOWドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」の山岸聖太が監督を務めます。ダメ男を引きよせる女たちの恋愛模様を描く本作で、ダメ恋愛体質の主人公・真知子を演じた前田は「しっかりと自立していて、でもちょっとかわいいダメな男の子を引き受けちゃう姉御肌な女の子。女子のフラットな部分を持っているキャラクターなので、多くの方々に共感してもらえると思います」と自信をのぞかせる。

原作、脚本を手掛ける根本宗子は、 めんどくさい人間の生態をこれでもかという言葉数で描いた作風が演劇界で大きな評判を呼び、弱冠26歳 にして演劇界最高の名誉・岸田國士戯曲賞の最終候補にノミネート、さらには麻生久美子・中村倫也W主演の公演を手がけるまでにキャリアを積み上げた、いま最も脂の乗っている劇作家。舞台「もっと超越した所へ。」は、演劇ポータルサイトやSNSでも”最高傑作”との呼び声が高い一本。

撮影はすでに終了しており、前田は根本作品の世界で生きた日々に「もともと根本さんの舞台や世界観が好きだったので、その代表作の一本が初めて映画化されるということがまず嬉しかったです」と語り、「恋愛は一生続いていくものなので、観る歳によって作品の見方が全然変わる気がします。自分が10年後に観たらどういう風に思うんだろうという楽しみもあります」と作品の仕上がりに期待を寄せた。
バンドマン志望でライブ配信の投げ銭で生計を立てている怜人を演じた菊池は、『劇場版 仮面ティーチャー』以来7年ぶりの映画出演ということで「オファーをいただいて驚きましたが、とても嬉しかったです。映画の撮影現場は久しぶりだったので、どんな感じなんだろうと戸惑いもありました」
と撮影を振り返る。また、自身が演じた怜人について、「甘えるのが上手で、強く束縛する怜人は僕自身とは全く真逆です」と語り、演じていて楽しかったという。

共演には比類なき個性を発揮するキャストたちが顔を揃える。元子役のバラエティタレント・鈴には映画『生きてるだけで、愛。』で、第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞などを受賞、存在感のある個性派女優として注目を集める趣里。鈴と同棲生活を送る富を、ドラマや映画をはじめ様々な分野で活躍する千葉雄大。金髪ギャル・美和は、映画『サマーフィルムにのって』やドラマ「お耳に合いましたら。」の主演を務め、月刊「根本宗子」第17、18号にも出演している実力派若手俳優の伊藤万理華。美和のハイテンションな彼氏・泰造役に、本作で演技初挑戦となるロックバンド「OKAMOTO’S」のドラマー、オカモトレイジ。子持ちの風俗嬢・七瀬を数多くの映画・ドラマ・舞台などで活躍する黒川芽以。七瀬の店に通う、プライドの高い元子役・慎太郎に名バイプレーヤーとして様々な作品に出演する、三浦貴大。

広告の後にも続きます

監督を務めた山岸聖太は、ドラマ「忘却のサチコ」や「有村架純の撮休」 などで近年注目されている映像作家。ドラマ「下北沢ダイハード」で根本が脚本を手掛けた回の演出を手掛け、2018年には月刊「根本宗子」の本公演、第16号『愛犬ポリーの死、そして家族の話』の密着ドキュメンタリーを監督するなど、根本の世界観を映像に落とし込む術を誰よりも把握している。根本は「『え?他の作品と間違えてませんか?』と思いました(笑)」と映画化のオファーを受けた当時を振り返り、「お話を聞いたら間違いなくこの作品で、何故この作品を選んでいただけたのかも理解できたので大変ありがたい機会をいただいたと感じ、『山岸聖太監督が撮ってくださるなら!』とお願いをして監督に全てを託しました」と全幅の信頼を寄せる。
監督を務めた山岸は「根本作品のファンとしてとてつもなく嬉しい瞬間でした」と語り、「根本さんが描かれる女性たちには強さとは違うたくましさがあって、悲しみに包まれ絶望に打ちのめされても、心に傷を負い涙を流しても、でもなんとかこの状況を私は打破するのだという超エネルギーがどこからか湧き上がり、もう一度足掻こうとする。そんなシーンを舞台で何度も拝見し、いつも清々しい気持ちになっておりました。その清々しさを大切に撮ろうと思い挑んだ次第です」と並々ならぬ気合を感じさせる。初めて長編映画の脚本を手掛けた根本は「自分原作の作品だなんてオリジナルにこだわり続けてきた自分にとって涙が出るほど嬉しい出来事です」と語り、「キャスティングも監督と一緒にして、最高のキャストでの映画化が実現して、さらに全てのキャストの方が新しい魂を役に吹き込んでくださり感謝しています。どうしようもない気持ちの時にふと劇場に入ってこの作品と出会ってくれるどこかの誰かの日常が、劇場を出る時には少しだけ変わることを信じて、2022年この作品が全国へと届きますように」と公開に向けて、熱い想いを明かした。

コメント

●岡崎(おかざき)真知子(まちこ)役:前田敦子
根本宗子さんの作品は女子たちの強い姿が描かれているので、毎回スカッとした気持ちにさせてくれます。もともと根本さんの舞台や世界観が好きだったので、その代表作の一本が初めて映画化されるということがまず嬉しかったですし、自分が主演させていただくということで二度嬉しいです。
今回、私が演じた真知子は、しっかりと自立していて、でもちょっとかわいいダメな男の子を引き受けちゃう姉御肌な女の子。女子のフラットな部分を持っているキャラクターなので、多くの方々に共感してもらえると思います。
女子も男子も恋人との真剣勝負が描かれています。恋愛は一生続いていくものなので、観る歳によって作品の見方が全然変わる気がします。自分が10年後に見たらどういう風に思うんだろうという楽しみもあります。

●朝井(あさい)怜人(れいと)役:菊池風磨
7年ぶりの映画出演へのオファーをいただき、驚きましたが、とても嬉しかったです。映画の撮影現場は久しぶりだったので、どんな感じなんだろうと戸惑いもありました。
甘えるのが上手で、強く束縛し、弱い所を見せられる怜人は、僕自身とは全く真逆で、共感はできなかったです。でも、クズな怜人を演じるのはとても楽しかったです。
今まで、このような描かれ方がされてこなかったリアリティのある恋模様やちょっと目を逸らしてしまいたくなるような自分の弱い部分が描かれている作品だと思います。相手に思う弱い部分や自分の弱い部分が全部ダメなわけではなく、それらを受け入れたうえで愛することが「愛情」じゃないでしょうか。是非、弱い部分を突かれに来てください。

●安西(あんざい)美和(みわ)役:伊藤万理華
根本さんと山岸監督のつくる作品はファンとして待望していました。楽しみだけどどこか関われないかな、と期待していたところ、ご縁があり本当に嬉しかったです。根本さんとご一緒したのは2作のみですが、この出逢いは自分にとってとても大きかったです。言葉にできない私が根本さんの言葉を通して演じることで、いつも自分自身が生かされている感覚があり、何度も救われました。
私が演じた美和は、恋人に影響されて変化してるのがいちばんわかりやすく出ていて、違いが面白かったです。人に合わせながらも、自分を律しようと容姿で強く保つ努力をしてるところが素敵でした。
現実ではあり得ないこととか、現実にある概念を全部超越した映画です。8人それぞれが、失敗をしても、それでもごはんを食べてなんとか生きています。皆さんの明日の活力になると嬉しいです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル