top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「第22回東京フィルメックス」 新プログラム・ディレクタ―を迎え開幕!オープニング上映作 『偶然と想像』 濱口竜介監督が舞台挨拶!濱口監督に「四股を踏まされた」と驚きのエピソードも!

cinefil

毎年、新しい出会いに満ち映画の未来を照らしてきた映画祭「東京フィルメックス」。

10 月30日(土)に開幕を迎え、【開会式】、オープニング上映作品『偶然と想像』の舞台挨拶及び上映後Q&Aを実施!今年も”ここでしか体験できない”数々の映画への期待にあふれた観客が集まり、拍手に包まれた開幕初日となった。

「第22回東京フィルメックス」新プログラム・ディレクタ―を迎えて開幕!

審査員長・諏訪敦彦監督「新ディレクタ―の元に集められた一つ一つの作品と出会ってゆき刺激的な一週間になればいい」と期待!

場内は満席で初日にふさわしい盛況ぶりを見せる中、新プログラムディレクターに就任した神谷から「パンミックで準備段階から多くの不安がありましたが、様々な人に支えられて初日を迎えられて嬉しい。一本でも多くの映画を観ていただき、”お祭り”を楽しんでいただけたら」という挨拶があり映画祭がスタート。

広告の後にも続きます

審査員長の諏訪は「新ディレクタ―の元に集められた10本(コンペティション作品)ということで、一つ一つの作品と出逢っていきたいと思う。刺激的な一週間になればいい」と映画祭への思いを語った。

10月30日(土)<開会式&オープニング上映作品
『偶然と想像』舞台挨拶/上映後Q&A>ご報告

舞台挨拶では、濱口監督に「四股を踏まされた」驚きのエピソードが!

今年のオープニング上映作品は、カンヌ国際映画祭での輝かしい受賞も話題で、世界中から注目を集めている濱口竜介監督作『偶然と想像』。

『偶然と想像』作品概要
「偶然」という共通の主題を持つ、それぞれ異なる3つの短編から成るアンソロジー作品。親友同志の恋バナ、大学教授に教えを乞う生徒、そして 20 年ぶりに再会した友人・・・日常のシチュエーションから一転、3 組の会話はどんどん掘り下げられてゆき、想像しえなかった展開を迎える。第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。

本作は、<偶然>をテーマに3つの物語が織りなされる初の、そして濱口自身が「このスタイルをライフワークとしたい」と語る<短編集>。上映前舞台挨拶が行われ、豪華ゲストが登壇!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル