冨田勲 映像音楽の世界「冨田勲メモリアルコンサート」アナログシンセで齋藤久師の出演決定!
冨田勲 映像音楽の世界「冨田勲メモリアルコンサート」アナログシンセで齋藤久師の出演決定!
9月17日、東京国際フォーラムで開催される「冨田勲メモリアルコンサート」。ドラマ、映画、アニメ界に数多くのサウンドトラックを残したシンセサイザーの第一人者である
冨田の名曲をお贈りする本公演は、各方面から注目を集めている。
公演のプレコンサートとして、「シンセ番長」の異名をとる齋藤久師の出演が決定した!

齋藤久師は、生前の冨田勲とも交流し、冨田が期待をかけた存在である。テクノ、電子音楽界でも独自な活動を行い、モジュラーシンセを始めとした、アナログ・シンセサイザーを駆使したライヴに定評がある。
メモリアルコンサートのオープニングアクトとして冨田勲へ捧げるアナログシンセのソロが如何に響くか期待したい。

また、本公演で指揮を執る、関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者の藤岡幸夫からビデオメッセージが届いている。

https://www.youtube.com/watch?v=aRwUkX2JVnc



藤岡幸夫はBBC フィルの定期演奏会に出演し「タイムズ」紙などで高く評価され、マンチェスター室内管弦楽団首席指揮者、日本フィル指揮者を経て、現在は関西フィル首席指揮者として毎年40公演以上を指揮している。2018年で19 年目のシーズンを迎えた関西フィルとの一体感溢れる演奏は、常に高い評価を得ている。
『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『ビッグX』はじめ、誰もが一度は耳にしたことのある名曲の数々をオーケストラでお贈りする貴重なコンサート。
いつまでも色褪せない名曲、そして今の時代に生き続ける冨田サウンドを会場で堪能しよう。
++++++++++
齋藤久師/Hisashi Saito
1991年『GULT DEP』でビクター・エンターテイメントよりデビュー。 「galcid」のプロデュースワークのみならず共に奏者としても、国内外の公演に参加。これまでの共演者は、NINA KRAVIZ / DANIEL MILLER / DJ NOBU / MOODMAN / 冨田勲 / phew/ 灰野敬二/MERZBOW /石野卓球 / KEN ISHII / 森本晃司/ Q’hey/DJ WADA/kuniyuki / DJ Sodeyama / g-men(LFO)/小林径/DORAVIDEOと推挙にいとまがない。
オフィシャルサイト 

http://www.hisacid.com/

不定期コラム 

https://spice.eplus.jp/spicers/132/articles




冨田勲メモリアルコンサート 〜特撮・アニメ・映画音楽特集〜

日程:2018年9月17日(月)15:00 開演 (14:15 開場)※未就学児童入場不可
会場:東京国際フォーラム・ホールC(東京都千代田区丸の内3丁目5−1)
指揮者:藤岡幸夫
監修:樋口尚文
演奏:オーケストラ・トリプティーク
合唱:シンフォニーヒルズ少年少女合唱団、ほか(調整中)


主な演奏予定曲目:
「コンポジション 愛」(大妻嵐山高校ダンス部と共演)
【アニメ音楽】手塚治虫作品より
ジャングル大帝のテーマ
リボンの騎士、リボンのマーチ
ビッグX
【NHK作品より】
新日本紀行テーマ
大河ドラマ「花の生涯」テーマ
大河ドラマ「徳川家康」テーマ
大河ドラマ「勝海舟」より
【映画音楽より】
 映画「ノストラダムスの大予言」組曲
【特撮作品より】
「キャプテンウルトラ」より
「マイティジャック」より(映像と共に演奏)

チケット好評発売中!!

S席 ¥7,500 A席 ¥5,500
アフターパーティ付チケット ¥18,000(コンサートS席チケット+パーティー参加費)
*冨田勲が愛した日本酒と共に、トミタサウンドについて語り、コンサート出演者、関係者と共に語り合う会です。
<キョードー東京> ● 0570-550-799

http://kyodotokyo.com


<チケットぴあ>● 0570-02-9999

http://t.pia.jp


<ローソンチケット> 0570-084-003 l-tike.com/  
<イープラス>

http://eplus.jp/

 
<CNプレイガイド> 0570-08-9999

http://www.cnplayguide.com


<楽天チケット> 

http://ticket.rakuten.co.jp



主催:キョードー東京、ぴあ
協力:日本コロムビア、円谷プロダクション
企画・制作:スリーシェルズ/キョードー東京

お問い合わせ:キョードー東京 03-3407-8833

(更新日:2018年9月13日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME