top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映像クリエイター・丸山健志の初長編『スパゲティコード・ラブ』-13 人・13 通りの共感度最高のショート予告を発表!第一弾として、倉悠貴、八木莉可子、三谷麟太郎 映像解禁!

cinefil

MONDO GROSSO「ラビリンス[Vocal:満島ひかり]」の MV で注目を浴び、数々のトップアーテ ィストの MV や、ナショナルブランドの広告を手がける映像クリエイター・丸山健志の初長編映画 『スパゲティコード・ラブ』が 11 月 26 日(金)より渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開となります。

(c)『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

アーバンでスタイリッシュな映像美を特徴とする丸山健志が、今を生きる私たちを肯定する物語を 創り上げた。フードデリバリー配達員、シンガーソングライター、広告クリエイター、カメラマン……東京でもがく13人の若者たちの日常を追った群像劇。「スパゲティコード」(解読困難なほど複雑 に絡み合ったプログラミングコードの意)のようにこんがらがった彼らのドラマは複雑に絡み合い、やがて思いもよらぬエンディングへと辿り着く――。
倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、ゆりやんレトリィバァ、土村芳らフレッシュで多彩なキャストを通じて映し出されるのは、まるで私たちの鏡像。観る者は、それぞれの苦悩を抱えながら、愛を模索し必死に生きる 13 人の誰かに感情移入し、物語を体験する。誰かと繋がりたくて、夢を諦められなくて、この街のどこかに居場所を探している――。エモーショナルな映像×リアルな心情が観る者の共感を増幅する共感度最高の最新鋭映画が誕生した。

本作は第 24 回上海国際映画祭、第 15 回ニューヨーク JAPAN CUTS、第 40 回バンクーバー国際映画祭と、国際映画祭に次々と出品され、10 月 30 日より開催される第 34 回東京国際映画祭にも出品が決定、国内外の注目を集めています。

この度、13 人の登場人物それぞれの印象的なセリフとスタイリッシュな映像で構成された 13 通りのショート予告を解禁いたします。

広告の後にも続きます

丸山健志監督と、本作の編集を手掛けた中里耕介による新映像。第一弾は、倉悠貴、八木莉可子、三谷麟太郎が演じる3人を描いた、3つのショート予告。 登場人物それぞれの孤独や悩みを表すモノローグで構成されている。

羽田天(倉悠貴)

(c)『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

大好きなアイドルへの想いを断ち切ろうと配達件数 1000 回を目指しひた走るフードデリバリー配達員の羽田天(倉悠貴)の映像は、「誰もいない森の奥で、一本の木が倒れたら、音はするか?」というモノローグとともに。忘れようという決意とは裏腹に想いを募らせている―。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル