top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワーママにおすすめ時短炊き込みご飯レシピ10選!炊飯器で同時に2品も

たべぷろ

肌寒くなってくると食べたくなるメニューのひとつが、炊き込みご飯。今回は早炊きで完成する「時短炊き込みご飯レシピ10選」をご紹介します。前日の夜や朝に下準備をしてから仕事に行けば、帰宅後はスイッチ1つであとは炊飯器におまかせ!働くママでも作りやすく、具だくさんなので栄養もたっぷりです。
夕飯で余った炊き込みご飯は、おにぎりにしておけば次の日の朝ごはんにも出せますよ。和風の炊き込みご飯も洋風のピラフも紹介しています、ぜひご覧ください。

鍋の素がワーママのお助けに!本格炊き込みご飯

ポーションタイプの鍋の素を使って調味料の計量いらず!具材もきのこ類と油揚げなので包丁まな板いらず!の超時短炊き込みご飯です。

市販の炊き込みご飯の素を使うと、具材が少なかったりしますが、自分で作れば具だくさんで大満足に仕上がります。また、自宅で作ると毎回味が薄かった、濃かった…という失敗も鍋の素を使えばありませんよ。ぜひお試しくださいね。詳しくはこちら→鍋の素がワーママのお助けに!本格炊き込みご飯15分レシピ

【材料】(4人分)
お米 3合
水 お米の分量の少し少なめ
鍋の素 1個
ぶなしめじ 1袋
えのき 1袋
まいたけ 1パック
油揚げ 1枚
刻みネギ 適量

【作り方】

お米を洗い、鍋の素を1個入れます。さらに、3合より少し少なめのお水を入れて軽くまぜておきます。 ぶなしめじとえのき、まいたけはよく洗い、石づきを手やキッチンハサミでカットしてばらします。 油揚げをザルに入れ上から熱湯かけて油抜きをします。冷ましたら、手で食べやすい大きさにちぎります。 (1)の炊飯器にきのこ類、油揚げを入れます。炊飯器を急速モードに設定し炊飯開始! 我が家の炊飯器は急速モードの場合、15分くらいで炊飯がおわります。炊飯が終わったらよく混ぜ、食べる前に刻みネギを添えたら完成です。

甘栗と鍋キューブで秋の炊き込みご飯

広告の後にも続きます

手間のかかる栗ご飯を、市販の甘栗を使って時短に作る炊き込みご飯のレシピです。甘栗を使えば硬い栗の皮をむいたりという下処理いらずで、味付けも鍋キューブをポンっと入れるだけでとても簡単に作れます。

炊飯の段階から甘栗を入れることで、ご飯にしっかり香りがうつりますよ。鍋キューブが余った時など、ぜひお試しくださいね。詳しくはこちら→甘栗と鍋キューブで炊き込みご飯!ママ管理栄養士おすすめ秋の15分レシピ

【材料】(4人分)
甘栗 2袋(100g)
干し椎茸 3枚
まいたけ 1/2株
にんじん 1/3本
油揚げ 1枚
米 2合
鍋キューブ 2個

【作り方】

干し椎茸は戻してから、そぎ切りにする。その際、戻し汁は捨てずにとっておく。 まいたけはほぐして、にんじんは細切り、油揚げは短冊切りにする。 米を研いで炊飯器に入れて、椎茸の戻し汁を入れる。水を加えて2合目の目盛りに合わせてから、鍋キューブを入れる。 甘栗・椎茸・まいたけ・にんじん・油揚げを入れる。 白米の早炊きモードで炊いたら完成。

丸ごとトマトとツナの洋風炊き込みご飯

トマトを1個丸ごと使って作る炊き込みご飯のレシピです。ツナ缶で簡単に魚の栄養が取れるので、いつも肉料理が多いという人にもおすすめです。サバ缶やイワシ缶でも作れます。仕上げにバターを加えることが、より美味しく仕上げるコツです。

最後に全体を混ぜるので、トマトが苦手な人やお子様でも食べやすい栄養たっぷりな炊き込みご飯です。ぜひ作ってみて下さいね。詳しくはこちら→丸ごとトマトとツナの洋風炊き込みご飯!ママ管理栄養士おすすめ炊飯器15分レシピ

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル