top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

赤や青…色の付いた道路の意味とは

日刊ホントの話

最近、赤や緑、青などの塗装を施されたアスファルトを目にします。なんとなく気になって注意する人も多いのではないでしょうか。これらは一般的にカラーアスファルトと呼ばれているようです。

では、こういったアスファルトの色付けには、どんな意味や効果があるのでしょうか。

●赤、緑、青などカラーリングの意味

 道路全体が赤く塗装されたものはよく目にします。これは信号のない交差点やカーブ、バス停付近などでに使用されていることが多いようです。つまり、やや危険性のある場所での注意喚起という意味合いが強いようです。また他にも、駐停車禁止区域が赤く塗装されている場合もあるようです。

 一方、住宅街や狭い道路、通学路などで歩道のエリアが緑色になっていたり、また道路全体が緑色になっていたりする場合があります。歩道エリアが緑色になっているところは一般的にグリーンベルトと呼ばれ、歩行者が歩く路側帯を明確にする役割があるようです。また道路全体が緑色になっている場所はスクールゾーンに多く、車に対して歩行者への注意を喚起する役割があるようです。

 また路側帯が青い場合もあります。これは緑と同じように使われるようですが、自転車通行帯を示している場合も多いとのこと。ただし数車線あるレーンの一つが青く塗られている場合は自転車通行帯の意味ではなく、主に右左折レーンを示しているとのこと。

●路面照度の低い時間帯では「青、青紫、緑」の視認性が高い

 全国道路標識標示業協会東京都協会の資料によると、道路のカラー化による一般的な目的は、「視環境の改善による抑止力の強化」「すべり止め効果による交通安全対策」「歩道部の確保による歩行者保護」「目標物の表示」の4つとされています。カラーアスファルトには他にも黄色、白色、茶色などなどさまざまな色があるようです。また、塗り方に関しても、塗る部分と塗らない部分を交互にしたり、赤と緑を交互に塗ってより目立つようにするなど、さまざまなパターンがあります。いずれにせよカラーアスファルトは、事故防止やドライバーへの注意喚起を目的としています。

 また、同資料では、路面上での視認性が高い色に関して、「路面照度の低い時間帯では青、青紫、緑が有効となる」としています。こういったことから午前や夕方に子供が多く通るスクールゾーンなどでは、緑や青が使われていると考えていいでしょう。これに対して、赤は一般的に危険性を表す場面で多く使われる色なので、ドライバーの注意を引きます。この点で道路上の危険を表す場所、注意が必要な場所に多く使われているようです。

●明確なルールはない

 こういった色による大まかな目的の違いはあるようですが、実は道路交通法などでの明確なルールはありません。これは緑と青が明確に区別されていないことからも明らかですが、多くの場合地元自治体が警察などと相談した上で、それぞれの判断で決めている場合が多いとのこと。ちょっと意外ではありますが、こういった状況から地域によって色の違いが生まれているようです。

 現状ではこのカラーアスファルトは都市部に多いようです。色の違いがあれば状況が分かりやすいことは事実です。ただしこの先、全国的にこういった塗装が広がることになれば、やや混乱が起こることも想定されることから、どこかの段階で統一ルールは策定されるかもしれません。しかし、少なくともカラーアスファルトを目にしたら、そこには何かしら注意すべき状況があることは確かです。意識して運転しましょう。

<参考サイト>
路面が赤い道路ってどういう意味?|CarMe
https://car-me.jp/articles/8434?
赤い塗装の道路にはどんな意味があるのか?|WEB CARTOP
https://www.webcartop.jp/2018/02/205375/
路面のカラー化について実例集|全国道路標識標示業協会東京都協会
http://www.zenhyo-tokyo.com/UPshiryou/romencolor.pdf

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル