top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マンUのスールシャール監督は、アンタッチャブルな存在なのか。歴史的惨敗も現地メディアが解任なしとみる理由

web Sportiva

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、アンタッチャブルな存在なのか──。


マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督

 10月24日(現地時間)のプレミアリーグ第9節で、ユナイテッドはリバプールにホームで0-5と屈辱的な敗北を喫した。データ会社『Opta』によると、これはこの長年の宿敵に喫した黒星で史上最悪のものだという。また本拠地でそのスコアで敗れたのは、1955年のマンチェスター・シティ戦以来となる。歴史的な大敗だ。

 ただこれは、ある程度、予想できた結果でもある。ユナイテッドはこの一戦を迎えるまで、過去3試合のリーグ戦で1分2敗(3得点6失点)。特に守備の脆さが声高に指摘されていた。

 対するリバプールは同じ期間、1勝2分(10得点5失点)。そのようにして迎えた伝統の一戦で、ユナイテッドは前半までに0-4とされ、後半には絶好調のモハメド・サラーにハットトリックとなる追加点を決められ、以降はライバルに憐憫(れんびん)をかけられていたようにも見えた。リバプールが最後までフルスロットルで戦っていたら、きっと5点差では済まなかっただろう。

 これほど苦戦が続き、極めつけの恥辱を味わってもなお、スールシャール監督は解任されていない。チェルシーあたりなら、間違いなく、すでにクビが飛んでいるはずだ。同じクラブOBの指揮官でも、フランク・ランパードは昨季、チェルシーの監督の座を追われている。彼の在任期間は、約1年半だった。かたやスールシャールはこの12月で、在任4年目を迎える(最初の約3カ月は暫定監督)。

広告の後にも続きます

 確かにこのノルウェー人指揮官は就任当初、前任者ジョゼ・モウリーニョに汚されていたクラブの空気を一変させ、即座にチームの調子を上向かせ、ユナイテッドではサー・アレックス・ファーガソン以来のリーグ月間最優秀監督にも選出された。

 だがその後は、ことあるごとに戦術的な指導力の低さを指摘されている。リーグ戦の成績こそ、6位、3位、2位と上向いているものの、チームをトップ中のトップレベルに引き上げる能力を備えているかについては、常に疑念を持たれてきた。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル