top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

またフリーズ? Web会議でネット環境の悪い人がいたら取るべき行動

マイナビウーマン

今回のお仕事ハックは「ネット環境の悪い上司のせいで会議が止まる」とのお悩みについて、コラムニストのヨダエリさんがアドバイス。

ネット環境の悪い上司のせいで会議が止まる

上司の自宅のネット環境が悪いみたいで、Web会議の時必ずフリーズします。そのせいでいつも会議が中断してしまい、正直すごく迷惑です。改善してもらいたいのですが、いつも厳しい上司なので、緊張してうまく伝えられる自信がありません。こういう時、どうすればいいのか教えてください。

ふむふむふむ。たまにではなく、Web会議をするたびにフリーズ。にもかかわらず改善されない。ということは、上司はフリーズの原因が自分のネット環境であることに気づいていないのかもしれませんね……。

これ、あまり深く考えない方がいいかもしれません。

広告の後にも続きます

フリーズしたら、その場で「○○(上司の名前)さん、フリーズしちゃってます!」と言いましょう。こちらの映像や音声が上司に届いているかいないか分からなくても、とにかく言いましょう(どこかのタイミングで聞こえるはずなので)。

ある日のWeb会議で言われ、また別の日のWeb会議でも言われたら、さすがに「自分のネット環境に問題が?」と気づくと思います。逆に言うと、言われるまでは気づかない可能性大。

Web会議では、自分の顔が見えているか、声が聞こえているかなども、自分では確信が持てないもの。対面なら空気で気づくことでも、オンラインでは気づけない。なので、対面の時以上に周りの人がハッキリ状況を伝える必要がありますし、むしろ言わないのは気の毒です。

後になって人づてに知ったら、「その時に言ってくれればいいのに……」と上司はショックを受けるかもしれません(厳しい人だからといって傷つかないわけではないですし、どんな性格の人であれ、良い気分はしないはず)。

Web会議を頻繁にしている友人にも聞いてみたところ、やはり、都度ハッキリ言うそうです。「すみません、途中でフリーズしちゃったんで、もう一度お願いします!」と。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル