top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【女子のホンネ調査】失ったものと得たもの・その2 コロナ禍となり、思いがけず得たものは?

女子部JAPAN

こんにちは。女子部JAPAN(・v・)さかいです。

いろいろあった2021年もあとすこし。コロナで失われた〇〇〇を取り戻すべく、女子部JAPAN(・v・)も邁進中です。

こちら、アラサー・アラフォーシングルを主軸とした女子部員たちの本音を探る「女子のホンネ調査」では、”失ったもの”や逆に”得たもの”を部員の皆さまに問い、分かち合うべく、リサーチを続けております。 今回のテーマは、新型コロナの影響で、思いがけず”得た”もの。

前回は”失ったもの”を伺い、1位がコミュニケーション、2位が体力・ 筋力、3位が出会い…という結果でしたが、この逆境の中でも、思いがけず得たものがあるという人も少なくないはず!

 

Q. コロナ禍となり、思いがけず得たものは?

広告の後にも続きます

次点[票数]…ポジティブな心[5]、コミュニケーション[5]、非日常感[5]、出会い[4]、好奇心[4]、希望[4]、集中力[3]、寛容さ[3]、オシャレ心[2]、スキンシップ[2]、ときめき[1]、闘争心[1]

(複数回答)(女子部JAPAN(・v・)メルマガ調査/回答者145人/調査期間2021年10月)

「時間」が圧倒的第1位。続いての2位は、「家族愛、家族サービス」。そして3位は…「脂肪」でした。「時間」は”失ったもの”のときは8位に入っていたので、失ったと感じる人もいれば得たと感じた人もいるということですね。同じように4位の「金銭的な余裕」は”失ったもの”では9位でした。

では、具体的にどういう理由でどんなことを得たと感じているのかを、コメントで見ていきましょう。

 

コロナ前より、”時間”が増えました
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル