top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「180歳」の海女が、海底に沈んだ潜水艦を探しに行く。

BOOKウォッチ

姉の島(朝日新聞出版)<amazonで購入>

 目上の女性は、みな「姉さ」と呼ばれる、とある九州の島の物語。85歳になった海女のミツルが主人公だ。島では女が85になると、倍暦といって齢を倍に数える習わしがあり、その齢まで海女をやり切った者だけが倍暦になり、やがて引退する。本書『姉の島(朝日新聞出版)』は、「180歳」になった彼女の日常を描いた長編小説である。


 この倍暦のせいか、どこか物語はおとぎ話のような響きがする。だが、筆致は極めてリアリズムであり、漁村の四季が連作風に描かれている。

 孫の聖也が水産大学校を卒業して帰ってきたとき、同級生の美歌という娘を連れてきた。同じ学校で海洋学を学び、海女になると言って、嫁にきたのだ。ウエットスーツを着て潜る若い美歌と「180歳」のミツルを対比しながら、物語は進む。

 語り口は軽妙だが、底には真っ暗な深海のような重いものがある。死者の存在である。ミツルは、3人の兄を戦争で亡くしていた。また、島のまわりの海には船幽霊が出る。海に潜っていると、声ではないが、こんな思念のようなものが伝わってくるというのだ。

 「ちょっとお尋ねもうします」
 「この世の極楽、チョウアンの都に行くには、こっちの潮路を辿って行けばいいでしょうか」

 その昔、遣唐使が島の海域を通って行ったことをミツルは思い出した。

広告の後にも続きます

 船幽霊にとりつかれるとぼうっとなるうちに窒息する。だから、彼女たちは独りでは潜らないし、勝手な所には行かない。

 倍暦になった海女4人はときおり集まり、島のまわりの海図に記憶を留めるようになった。漁をする後輩の海女たちの参考にするためだ。すぐに船幽霊の話に脱線する。

 そのたびに、「霊(たま)出せ、霊出せ」と船幽霊を追い払う呪文をみなで唱える。

太平洋の底の「天皇海山列」

 美歌に学校の後輩の女子学生たちが尋ねてくるというところで、物語は転調する。学園祭の出し物に使う衣装を借りに来たのだ。赤く塗った玩具の鎧は、「キンメ踊り」に使う「ジングウ皇后」の衣装だった。

 太平洋には、ハワイからミッドウェーを通ってアリューシャン列島まで海底火山列がある。戦後まもなく発見され、アメリカ人学者によって、9つの山に古代の天皇の名前が付けられたことから、「天皇海山列」と呼ばれる。

 なぜ、そんな時期に日本の天皇の名前がついた国際名が付けられたのか? 以前BOOKウォッチで紹介した海洋学者、蒲生俊敬さん(東大名誉教授)の『太平洋』(講談社ブルーバックス)に手がかりがあるのを思い出した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル