top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大島麻衣、週刊誌にバレずに芸能人と付き合う方法を伝授しスタジオ歓喜

Quick Timez

授業が始まる前から「神回は確定してる」「本当に勉強しに来てる」と期待感が募り、教室は熱気でムンムン。

大島さんが登場すると生徒一同は大きな拍手で歓迎。

今日も色々な角度からお話しします!として、「色々なところで数々のお付き合いをしているけれども、一度も撮られたことがない」と豪語する大島先生の話には説得力があります。

週刊誌に撮られないために「こんな女性に気を付けろ7箇条」と称して、「手ぶらをしている子はどんな手を使ってでも売れようとして、(週刊誌に情報を)売られるかもしれないので気を付けろ」、「膝上30センチのタイトスカートを履いている女性は、1チョメできるが動画を撮られる恐れがあるから気を付けろ」など、数多の修羅場を潜り抜けてきた故の教訓を余すところなく伝授します。

週刊誌に撮られないような健全な人間関係の築き方や、身を委ねるに値し、最速でチョメできるべく男性になるための安心感のある男性になるために住む場所や、攻めるべく仕事内容など、モテテクを伝授。

広告の後にも続きます

次から次へと繰り出される戦法に、視聴者からは

《大島麻衣の回は外れ無しだな》

《いつのまにか大島麻衣が絶対的な女帝になってるの本当好き 》

など、思わず食いいるように見入ってしまった視聴者からの書き込みが寄せられました。

大島麻衣、まだまだ神回は続く

「私が言ったことさえ守れば撮られることは決してない」として、最終的にどのようにすれば週刊誌に狙われることなく、かつ相手の女性に陥れられることなくスマートにラブホテルに誘えるか!というところで時間切れになってしまった今回。

大悟さんは、配布されたテキストを投げ捨て「一番肝心なとこで何じゃ!」、「ここまでは正直クリアしてんねん」とくやしそうな表情を見せます。

大島さんは、次回以降に含みを持たせエンディングとなりますが、「一般人が女性芸脳人と月会うためにはどうすれば良いのか」というDMや、大島さんの人脈にあやかろうとする港区女子への鮮やかな牽制を見せ、流石の胆力を披露。

前回に続き、今回も生徒の食いつきぶりが半端なかった神回となりましたが、次回の総仕上げは一体どのような展開となるのか今から楽しみでなりません。

(文:Quick Timez編集部)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル