なぜ東京で「立ち飲み」が増えているのか?
なぜ東京で「立ち飲み」が増えているのか?
立ち飲み居酒屋がいま東京に増えているのにお気づきでしたか。「『ちょい飲み』増えてます」と記事にしたのは、朝日新聞デジタル。一方で、幅広いメニューをそろえる大手チェーンの居酒屋は苦戦していると言われています。


 立ち飲みのブームは、波のように行ったり来たりを繰り返すという説もありますが、今回の波はかなりのビッグウェーブ。その理由を調べてみました。

●コスパでは「家飲み」と勝負できる立ち飲みニューウェーブ

 まず誰もが思いつくのは、「単価が安いから」という理由でしょう。これについては「せんべろ.net」という「千円でベロベロになれる飲み屋」を集めているwebがあり、現在東京では730件の「せんべろ酒場」が登録されています。ちなみに「せんべろ」は、2004年に亡くなった作家、中島らもさんの命名です。2018年7月の投稿数は25本、ページビューは92万、いかに「せんべろ酒場」が求められているかが分かる数字です。

 朝日デジタルで取り上げられたお店は「立呑み 晩杯屋(バンパイヤ)」「立ち飲み居酒屋 ドラム缶」など、東京都内を中心に展開する新鋭のチェーン店です。「晩杯屋」は2009年に武蔵小山で1号店を開業。食材の旬に合わせてメニューを頻繁に変え、つまみの大半が100円台という低価格のメニューを提供しています。一方の「ドラム缶」では、テーブル代わりにドラム缶を使用。壁紙はメニューを書いた画用紙という内装で出店費用を抑制し、お酒は150円からという低価格で、「半べろ(500円で2杯飲み、1品つまめる)」さえ実現しています。

 コンビニで缶ビール(または缶チューハイ2本)と唐揚げを買っても、500円前後。純粋にコスパで勝負できるのが立ち飲み酒場の魅力です。

●思いついたら気軽に飲んで、気楽に帰れる敷居の低さ

 次に、立ち飲みならではの「気楽さ」。ほとんどがソロ、多くても2、3人で訪れるのが立ち飲みの特徴です。ふと思いついて少人数で少し飲み、短時間で帰るのが、最近のお客さんの傾向。間違っても「何ヶ月も前からメールで予告されて」時間を調整し、同僚や上司と「一席囲む」ような重苦しさがありません。

 若者の飲酒離れ、宴席離れの傾向は何年も前から話題になってきました。同じお酒を前にしても、上司といるだけでパワハラまがいの圧迫を感じて飲んだ気がしないというメンタリティの持ち主もいれば、非正規雇用のため、そもそも「上司などいない」働き方も増えました。

 体質的にお酒が飲めなくても「居酒屋メシ」の好きな人、気の合う友人となら集まりたい人、話題のお店に行って満足感を味わいたい人など、ブームの「立ち飲み」は多くの需要を満たしているといえるでしょう。

●「フラリーマン」の一部も立ち飲みに流れている

 最近の動向として、「フラリーマン」の増加が考えられます。「フラリーマン」は、仕事を終えて会社を出た後、まっすぐ家に帰らない人たち。書店や飲食店、家電量販店や娯楽施設などに寄り道してから帰路につくサラリーマンを指す言葉です。

 社会心理学者の渋谷昌三氏が2007年に命名しましたが、2017年9月、NHKが「おはよう日本」で放送して以来、大きな反響を呼んでいます。ここ数年、一気にフラリーマンが増えたのは、働き方改革が広がり、これまで残業に当てていた時間を持て余すサラリーマンが増えたためです。

 朝日新聞が別ブランドで展開するwithnewsの連載『平成家族』では「今日も残業」と妻にLINEメッセージを送り、お金をかけずにファミレスで時間をつぶす男性たちの姿が紹介されています。

 家に帰ると、育児と仕事を両立して頑張る妻がいて、育児や家事に参加しようとしても、能力が低いためになかなか戦力と認めてもらえない。仕事以上に心の折れる体験を家庭でしたくなくて、フラリーマンは寄り道をします。その間、血眼で夕方の家事に勤しむ妻たち。「申し訳ない」と思えば思う程、「立ち飲みで一杯」やりたくなる男性も多いのではないでしょうか。

<参考サイト>
・朝日新聞DIGITAL:「ちょい飲み」増えてます
https://www.asahi.com/articles/ASL6Y4CR9L6YULFA01L.html
・せんべろ東京マップ
https://1000bero.net/tokyo_map/
・withnews:退社時間早まったのに「足が家に向かない」
https://withnews.jp/article/f0180103002qq000000000000000W08110301qq000016511A

(更新日:2018年9月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(くらし)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME