top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

最高裁判事になった「お気の毒な弁護士」の一代記

BOOKウォッチ

お気の毒な弁護士(弘文堂)<amazonで購入>

 裁判官は何となくいかめしい。中でも最高裁の判事は特に近づきがたい。国民審査でスポットが当たっているが、いったいどんな人たちなのか。

 本書『お気の毒な弁護士』(弘文堂)はその素顔の一端をわかりやすく伝える。著者の山浦善樹さんは弁護士。2012年から16年まで最高裁判事も務めた人だ。


一家は極度の貧乏

 副題に「マチ弁から最高裁判事、そして再びマチ弁へ――」とある。マチ弁とは、町(街)の弁護士。巨大企業の顧問弁護士や、大手法律事務所に所属する弁護士ではない。主として庶民が巻き込まれたトラブルを担当する弁護士のことだ。

 実際、山浦さんは「弁護士1人、事務員1人」という小さな事務所を長年切り盛りしていた。それがある日、突然、最高裁の裁判官に任命され、4年にわたって「憲法の番人」とも呼ばれる重責をこなすことになる。

 1946年生まれの山浦さんは、いわゆる正統派のエリートではない。長野県丸子町(現上田市)の小中学校を卒業、上田高校を経て一橋大学法学部へ。

広告の後にも続きます

 こう書くと、地方の秀才という感じだが、ちょっと違う。一家は極度の貧乏。父は工場の仕事で指を切断、出稼ぎと失対事業でわずかな稼ぎ。母も働きに出ていた。祖母も内職。教科書も買えないような生活が続き、中学を出たら地元の信用金庫に勤めるつもりだった。

奨学金に救われる

 中3の時、担任の先生が、高校受験の模擬試験に山浦さんが申し込んでいないことに気づく。「高校には行かない。母と話し合って決めた」と言うと、「高校に行くと奨学金がある。お金がないという理由で就職しちゃダメだよ」と説得された。

 何とか、高校には入ったが、大学に進む気はなかった。家庭の事情もあり、勉強は高校までと決めていた。ところが2年生の時、父母面談があった。「山浦君は、とても良い成績です。今のままで行けば一流大学への進学が可能です」と言われ、母はびっくりした。

「善樹、どうする」
「高校で十分、大学進学は考えていない」

 ところが今度は高校の担任教師が、「今の成績だと日本育英会の特別奨学金が受けられる」と教えてくれた。月8000円だという。父親の稼ぎの2倍の額だった。「そんなに貰えるなら大学に行こう」ということになり、受験モードに入った。家から20分ほどの禅寺「全芳院」で部屋を貸してもらい、そこを自分の勉強部屋にした。

1年で司法試験合格

 こうして山浦さんの個人史をたどると、日本が高度成長に入っていた1960年代に、繁栄から取り残されていた一家の姿が浮かび上がる。

 大学時代は、ちょうどベトナム戦争が激化していた。山浦さんは積極的にベトナム戦争反対の運動にもかかわった、と記している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル