top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

立浪和義で3人目、意外に少ないPL出身NPB監督。次の監督候補は誰だ?

web Sportiva

 中日ドラゴンズの次期監督に、球団OBである立浪和義の就任が確実になった。

 立浪は1987年にPL学園主将として甲子園で春夏連覇を達成し、同年ドラフト1位で中日に入団。高卒1年目の1988年に新人王やゴールデングラブ賞に輝くなど、主軸として中日のリーグ優勝に貢献した。2009年の現役引退までに積み上げた安打数は歴代8位の2480安打。二塁打487本はプロ野球記録になっている。

 現役時代「三代目ミスタードラゴンズ」としてファンに愛された”切り札”は、2011年を最後に優勝から遠ざかるチーム再建にどんな手腕を見せるのか。


中日の次期監督となる立浪和義の手腕はいかに

 立浪の出身であるPL学園野球部といえば、2017年3月に休部するまでの60余年で、甲子園は春3回・夏4回の優勝を誇り、プロ野球選手は82人も輩出している。

 名球会には立浪(52歳/1988年卒)のほかにも、阪急の黄金時代に活躍した加藤秀司(73歳/1967年卒)、オリックスのコーチ時代にプロ3年目のイチローを指導した新井宏昌(69歳/1971年卒)、抜群の知名度を誇る清原和博(54歳/1986年卒)、抜群のリーダーシップで評価された宮本慎也(50歳/1989年卒)、西武で二軍監督を務めている松井稼頭央(46歳/1994年卒)、そして現役では福留孝介(44歳/1996年卒)が名を連ねる。

広告の後にも続きます

※カッコ内は現在の年齢とPL学園卒業年。

 しかし、これほど多くの名選手を輩出しているにもかかわらず、プロ野球で一軍監督になったのは、2010-2011年に横浜を率いた尾花高夫(64歳/1976年卒)と、楽天で2018年途中の代理監督から2019年に監督へ昇格した平石洋介(41歳/1999年卒)のふたりのみ。今回の立浪氏が3人目のNPB一軍監督になる。

 ただ、監督姿を見たいPL出身者はほかにもまだまだいる。そこで今回は今年のプロ野球12球団の監督平均年齢(53.9歳)よりも若い世代から、将来の監督候補をクローズアップしてみる。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル