top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これが絵じゃない…だと? おとぎ話の世界でしかない公園が、埼玉にあった

Jタウンネット

童話の世界にご招待――。

そんなフレーズとともに投稿された写真が、ツイッターで注目を集めている。

こちらはツイッターユーザーの綴斗(@phototo__)さんが2021年10月18日に投稿したもの。

同日18時頃、埼玉県飯能市にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」で撮影したものだという。

トーベ・ヤンソンは、「ムーミン」シリーズの著者として有名な、フィンランドの作家。彼女との手紙のやり取りから生まれたこの公園には、その思いが散りばめられているという。

広告の後にも続きます

写真に映る景色から漂う幻想的な雰囲気は、まるで絵本からそのまま飛び出したかのよう。

薄暗い森に広がる優しい灯り。そんな景色が静かな水面にも反射し、より賑やかさを演出している。

住人たちこそ居ないものの、訪れた人を暖かく迎えてくれているのかもしれない。

このツイートには、こんな反応が。

「そのお屋敷の持ち主は、お茶会でも招いてくれるのかな」
「絶対ムーミンとスナフキンが居る」
「写真と絵画、現実と幻想の境界線の見えなさが凄い」

すっかり童話の世界に入り込んでしまったTwitterユーザーで溢れている。

悩みも忘れて童心に戻れる場所、一度は訪れてみたいものだ。(ライター:Met)

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル