top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

作ったお寿司もチャーハンにしちゃう!? 三重県民の「チャーハン愛」が凄すぎた

Jタウンネット

[ドデスカ – 名古屋テレビ] 2021年10月13日放送の「あらゆるサーチ」のコーナーで、三重県民の「チャーハン愛」が紹介されました。

ニチレイフーズの「チャーハンをよく食べる都道府県ランキング」によると、三重県が、第1位の石川県に続く第2位ということで、番組では、三重県民のチャーハン愛を大調査。

三重県民50人にチャーハンを食べる頻度を聞くと、2週に1回が18人、週に1回が12人、週に2回が9人、中には週3食べるツワモノもいて、食べる頻度が結構高いことがわかりました。

そして、三重県民のチャーハン愛は郷土料理をもチャーハンに変えてしまうこともあるそうです。

伊勢志摩の郷土料理に、鰹の漬けを酢飯の上にちらした「手こね寿司」があります。

広告の後にも続きます

なんと伊勢市内のお店では、この手こね寿司をチャーハンにした「手こね寿司チャーハン」が存在。

手こね寿司をオリーブオイルで炒めたもので、酸味が飛んでマイルドになり、鰹の漬けがより香ばしくなって、子どもや外国人からも人気なんだそうです。

給食のチャーハンバリエーションも豊富

そもそも、県民のチャーハン愛は子どもの頃から育まれているようです。

三重県内29市町中、25市町で学校給食でチャーハンを出しているそう。伊賀市の学校では伊賀牛チャーハン、鳥羽市ではじゃこチャーハンといった地元の名産品を使ったものや、キムチチャーハン、高菜チャーハン、ビビンバチャーハンなど、バリエーションも多彩。

名張市の小学校で子どもたちに大人気なのが、「元気100倍チャーハン」。

牛肉、地元の野菜、カリカリ梅などを使ったスタミナチャーハンで、15年前、当時の小学生に献立を考えてもらう企画で採用されたメニューなんだそうです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル