top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

赤ちゃんの体に出る「蒙古斑」とは? 治療は必要? 虐待、疑われることも…

オトナンサー


背中にも現れる蒙古斑

 悲しい虐待事件が後を絶ちませんが、大きな事件の前兆として、虐待を受けている子どもたちの体に「あざ」が見られることがあります。一方で、赤ちゃんのお尻や背中に現れることが多い、薄青いあざのような「蒙古(もうこ)斑」が腕や脚など目立つ部位に出ることがあり、「虐待によるあざ」と誤解されるケースもあるようです。また、大人になってからも消えずに残る場合もあり、やはり、あざに間違われたことのある人も。

 蒙古斑について、ネット上では「お尻以外にもできるの?」「うちの娘は脚に出ているので、虐待と疑われたことがあります」「正しい知識が広まってほしい」といった声が上がっています。蒙古斑の正体について、産婦人科医の尾西芳子さんに聞きました。

レーザーで治療可能

Q.そもそも、蒙古斑とは何でしょうか。

尾西さん「蒙古斑とは、主に赤ちゃんの臀部(でんぶ)、つまり、お尻に見られる青いあざのことをいいます。英語で『モンゴリアンスポット』と呼ばれるように、モンゴル系黄色人種である日本人に多く見られますが、白人ではあまり見られません。5歳ごろまでに自然と消えることがほとんどですが、まれに、大人になっても残る場合もあります。

広告の後にも続きます

原因はメラニン色素(肌の色を濃くする色素)をつくる細胞『メラノサイト』が通常の表皮ではなく、より深い『真皮』の部分に存在し、そこで、メラニンを産生することによるもので、茶色ではなく青っぽいあざのように見えます」

Q.蒙古斑が出現しやすい部位はどこでしょうか。

尾西さん「一般的に出現しやすいのは、背中の下の方やお尻です。それ以外に見られるものは『異所性蒙古斑』と呼ばれ、お尻のものに比べて消えにくい特徴があります。できやすいのは背中や手の甲、足首とされていますが、顔にできることもあります」

Q.蒙古斑が出るのはアジア人だけなのでしょうか。

尾西さん「日本人では9割に見られるものですが、人によって、大きさや場所の違いがあります。黒人にも同程度あるといわれていますが、アジア人ほどは目立ちません。ヒスパニック系で5割、白人1割以下と人種による差が大きいです」

Q.幼児になっても蒙古斑がみられた場合、どうすればよいのでしょうか。成長してからも消えずに残っている人もいるようです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル