top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木村昴、ものまねタレントの夢を意外な理由で諦めていた「ちょっと詳しくは言えないんですけど…」

COCONUTS

10月24日放送の「シューイチ」(日本テレビ系)では、アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)でジャイアン役を務める声優の木村昴さんがゲストとして登場。木村さんが声優を志す事になったきっかけを明かし話題を集めました。

■木村昴、ものまねタレントの夢を意外な理由で諦めていた「ちょっと詳しくは言えないんですけど…」

現在31歳の木村昴さんは、今から20年前の2001年に放送されたものまね番組「まねキン」(日本テレビ系)に出演していました。この時、木村さんは ものまねタレントの原口あきまささんに弟子入りをして、道行く人に声をかける修業に挑戦。実は、その時のVTRが残っていたのです。

VTRでは、当時10歳だった木村さんが「木村昂です。出来るようになりたいものまねは羽賀研二です」と意気込みを語るも、上手くいかず落ち込む様子が映っていました。

そして、当時原口さんに弟子入りしてものまねをしていたことについて、司会の中山秀征さんが「ということは何?木村さんはお笑いをやりたかったって事?」と尋ねると、木村さんは「この時にものまねのきっかけを頂いてから、ものまねにハマっていきまして、しばらくものまね芸人さんを目指してた時期があったんです」とコメント。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル