top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ドラマ化される『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』を読んでみた! ドラマ予測もしてみたよ

Pouch[ポーチ]

ドラマ化される『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』を読んでみた! ドラマ予測もしてみたよ

2021年11月8日夜10時45分からNHK総合でスタートする新よるドラ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。

阿佐ヶ谷姉妹を木村多江さん&安藤玉恵さんが演じることで、放送前から話題になっています。

ドラマの原作となるのは、阿佐ヶ谷姉妹による同名エッセイ。

おふたりならではの楽しいエピソードがジャンジャン出てくる作品で、コレが映像化されると思うと胸アツすぎる……!

というわけで今回は、原作となったエッセイをご紹介。そして、どんなドラマとなるのか予想してみようと思います♪

【阿佐ヶ谷姉妹の「ふたり暮らし」をつづった1冊】

広告の後にも続きます

書籍『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』(幻冬舎)は、阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子さんと妹・木村美穂さんが、交互に文章をつづったエッセイ。

血のつながりのない “疑似姉妹” が、東京・阿佐ヶ谷にある6畳1間のアパートでふたり暮らしをスタート。

仕事もプライぺートも共に過ごしていたものの、あまりにも長く一緒に居すぎたせいで、 “けん怠期” へ突入。

お互いにとってベストな暮らしを模索していく様子を、ユーモラスに書き下ろしています。

【本からわかる阿佐ヶ谷姉妹の人物像】

エッセイを読んでみてわかったのは、阿佐ヶ谷姉妹のパーソナルな部分。

テレビでお見かけするおふたりは、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル