top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テスト90点でも叱られ…「ダメ出し母さん」をやめて、子どもの“できる”を評価しよう

オトナンサー


(C)あべゆみこ

 ある母親のお話です。子どもがおもちゃを少しは片付けているのに、まだ片付いていないおもちゃを指して、ネチネチと叱る。小学校に入ってからは、テストの点数のことでたびたび叱る。すると、子どもはこんな歌を作りました。

0点取ったら怒鳴られて
30点取っても怒鳴られて
60点取ったら 「平均点以下だ」と怒られて
90点取ったら 「なんであと10点 取れなかったんだ」と叱られて
やっと100点取れたら 「これを維持しなさい」とくぎを刺された!
ああ、何をやっても 私の母さんはダメ出し母さん
ああ、私はゴールの見えないマラソン選手

 その子が小学3年のとき、図画工作の時間に、黄色い画用紙に赤い着物を着たおひなさまを描きました。担任の先生は「背景が黄色で着物が赤、おひなさまが映えますね。素晴らしいです」と褒めてくれました。有頂天になった女の子は家に帰ってから、そのことを母親に伝えました。

 すると、母親は「実際に赤いブラウスを着て、下に黄色いスカートをはいたら、色が合わなくてちぐはぐだから気を付けなさいよ」と言ったのです。学校で褒められた絵については、何も言ってくれませんでした。

「よかれと思って」否定する親

広告の後にも続きます

 実は、この2つの話はどちらも私と母のエピソードです。世の中の親が全てこうというわけではありませんが、親は「子どものためによかれと思って」、できていない部分をあれこれと掘り返したり、否定したりしがちです。

 私の母がまさにそうでした。小学5年のとき、夏休みの自由研究として「“お母さんの怒り方”折れ線グラフ」を作っていたら、母に見つかってとても怒られ、担任には提出できませんでした。

「ちゃんとしなさい」は1日に何回か、午前・午後の割合はどうかなどを分析し、データにして見せたら、母は自分の叱り方について、何か気付いてくれたかもしれません。気付いてくれなかったとしても、私自身が「親は夕方に叱る回数が多くなる。気を付けよう」と叱られないコツが分かったかもしれません。

「お母さんが“早くしなさい”を1日何回言ったかデータを取り、グラフにする」のは親子共に気付きがあり、面白いのではないかと私は思います。

息子によって断ち切れた「負の連鎖」

 私の息子は知的障害を伴う自閉症児として育ち、21歳になりました。時々、「定型発達児が生まれていたら、どんな子育てをしていただろう」と考えることがあります。

 どんなにネットサーフィンをして情報を集めても、子育て本を読んでも、子育てのお手本は自分の体に染み付いた「過去に自分がされた子育て」になりがちです。もし、私が定型発達の子を授かっていたら、きっと、“子育ての連鎖”によって、かつて、私が母にされたように、できていない部分だけに目がいく「ダメ出し母さん」になっていたと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル