top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「粉ミルクを買う私に『子供がかわいそう』と言うおばさん。ひどく傷つき、その場を離れようとすると…」(群馬県・30代女性)

Jタウンネット

こんな育児方法はダメだ、あんな育て方は間違っている――誰かの子育ての方法を否定する言葉を見たり聞いたりしたことが、皆さんもきっとあるだろう。

群馬県在住の読者・Rさん(30代女性)は、ある日、そんな言葉に突然襲われた。

Rさんは昨年子供を出産。3か月ほど経つと母乳が出なくなり、粉ミルクに頼るようになった。

自宅の近くのドラッグストアに行き、粉ミルクを3缶ほど買い物かごに投入。

それを見ていた見知らぬ女性2人組が、わざわざRさんに聞かせるように噂を始めたという。

「粉ミルクじゃ子供に愛情なんて湧かないでしょうね」

広告の後にも続きます

強い悲しみと、怒りを覚えたRさん。しかし事態は、思わぬ方向に転がった。

「子供が可哀想」

昨年出産した私は、しばらく母乳育児をしていました。しかし、段々とその分泌量が減っていき産後3ヶ月ごろには出なくなりました。

できれば母乳育児がしたいと思っていたので、こんなに早く出なくなるのかと落ち込みましたが、離乳食すら始まっていない時期だったため、それからは粉ミルクに頼らざるを得ません。

ある日、自宅近くのドラッグストアに粉ミルクを買いに行ったときのことです。

いつも通り、粉ミルクを3缶ほどまとめ買いをしようとレジで会計をしていたところ、私の後ろに並んでいた60代ぐらいの女性2人が私のカゴの中を見て、わざと聞こえるように話していました。

「今お会計してる人、母乳じゃないのかしら。粉ミルクじゃ子供に愛情なんて湧かないでしょうね。子供が可哀想」
「粉ミルクに頼りすぎると貧弱な身体になるわよね」

そんなことを言われて、私は怒りと悲しみで気が狂いそうでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル