top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

町田啓太“空”と赤楚衛二“優”の対峙シーンに「並んでるだけでニヤける」

テレビドガッチ


江口のりこが主演を務める木曜劇場『SUPER RICH』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第2話が、10月21日に放送。ネット上では、春野優(赤楚衛二)と宮村空(町田啓太)のやりとりに「並んでるだけでニヤける」​​と幸せを感じる人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマン・氷河衛(江口)の、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナル作品で、仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描く。

衛は、行き場がないという優をマンションに連れて帰る。すると、彼女を探していた空と今吉零子(中村ゆり)​​が待っていた。

「スリースターブックス」での緊急会議後、空は、宿泊する場所がない優のために、編集部の仮眠スペースを貸してもらうよう碇健二(古田新太)​​に頼む。優自身の存在を快くは思っていないため、朝には帰るよう忠告した。

翌日、優とエレベーターでばったり。「帰れっていったよね?」と言っても、彼は衛に直接聞きたいことがあるという。金の工面や会社の今後のことなど、手一杯の空は、苛立ちを隠せず「こっちは大変なんだよ!」とぶつけると、優のお腹が鳴った。

彼をラーメン屋へと連れていく空。「うまっ。3か月ぶりだよ!」と餃子を美味しそうに頬張る彼を見て、ふと自分のことを思い出す。彼もまた衛に拾われていたのだ。6年前のクリスマス。空は深刻そうな顔で海を見つめていた。そんな彼に衛が「何かお探しですか?」と声をかけてきた。その後、お腹が空いているから変なことを考えてしまうのだ、とパスタをごちそうしてもらった。彼は涙を流しながらパスタを頬張った。

そんな思い出を振り返っていると、ラーメン屋に衛がやって来た。優は失踪した一ノ瀬亮(戸次重幸)について「『お前のこと騙すつもりだった』って言われるのが怖いんじゃないですか? 衛さん。絶対直接聞いた方がいいですよ。一ノ瀬さんがどういうつもりだったのか」と訴えた。

ネット上では優と空のやりとりに「並んでるだけでニヤける」「Wイケメンで最高」「バチバチしてるの最高」「眼福でした」の声が。また、優と空のピンチを救った衛にも「私も持ち帰りたい」「うらやましい」​​とのコメントが寄せられた。

次回第3話は10月28日に放送。衛は、古い一軒家を借りて新生「スリースターブックス」を始めることにするが……。​​

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル