top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

60歳になったらピアノを始めるべき。そのコツは?

BOOKウォッチ

60歳からピアノをはじめなさい~データでわかる 脳を活性化するピアノレッスン~(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)<amazonで購入>

 歳をとったらピアノは始められない?

 いいえ、年齢を重ねたからこそ始めるべきです。

 書籍『60歳からピアノをはじめなさい ~データでわかる 脳を活性化するピアノレッスン~』(ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス)が、10月26日に発売される。

写真は『60歳からピアノをはじめなさい~データでわかる 脳を活性化するピアノレッスン~』(ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス)

 同書は、シニア向けのピアノメソッドを解説する書籍。データを示しながら、ピアノを習得するための方法、練習を続けるコツなどを紹介している。

 目次は以下の通り。

第1章 ピアノを楽しむシニア、急増中!
第2章 データで見る:練習時間の真実
第3章 データで見る:「辞めたい」が頭をよぎるとき
第4章 データで見る:自宅練習の真実
第5章 データで見る:こんな風に教えてほしい!
第6章 データで見る:シニアピアノの魅力
第7章 4つの練習タイプ―弱みと強みー
第8章 4つの学習年代
第9章 60歳からの生き方が変わる正しいピアノの習い方

レッスンを続けるために

広告の後にも続きます

 ピアノをきちんと習得して1人で自由に演奏できるようになるのは、結構難しい。いちから練習を始め、一人で弾けるようになるまで継続するのは困難だからだ。

 けれどもそんな時、本書のメソッドを活用すれば、挫折しそうになってもピアノを続けられる。著者の元吉ひろみさんが自らアンケートをとって分析したピアノレッスン法を活かせば、ピアノの練習を継続できるという。

 「ピアノは未経験だけど、レッスンをはじめたいと思っている」「今ピアノを習っているけど、続ける自信がない」という人に加え、ピアノの指導者にも役に立つ。

 「シニアの生徒さんのレッスンがうまくいかない」「シニアのレッスンはおしゃべりが多い」といった悩みを抱える指導者は、本書のメソッドを活用すれば上手くいくという。

 本書を活用して、ピアノの一生の趣味に。


書名:  60歳からピアノをはじめなさい~データでわかる 脳を活性化するピアノレッスン~ 監修・編集・著者名: 元吉ひろみ 著/白澤卓二 監修 出版社名: ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 出版年月日: 2021年10月26日 定価: 1,800円+税 判型・ページ数: A5判・152ページ ISBN: 9784636945935

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル