top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中圭×安田顕の“相性診断”が話題「ナイスコンビ!」

テレビドガッチ


田中圭が主演を務める『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)。10月22日に放送された第2話では、神保仁(田中)と安堂源次(安田顕)の“相性”に注目が集まり、SNS上で「ナイスコンビ!」との声があがった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、作・夏緑、画・菊田洋之による人気コミック「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」を実写化したヒューマンミステリー。「DNAは嘘をつかない」が口癖の神保が、熱血刑事・安堂や科捜研の乱原流奈(倉科カナ)と共に、遺伝子捜査の裏にある人間模様に迫る。

娘の瑞希(古川凛)に「DNA婚活パーティ」を勧められた安堂は、嫌々ながらも乱原と参加することに。会場には「恋愛遺伝子の研究のために特別に見学させてもらっている」という神保の姿があった。パーティではDNA分析がきっかけで結婚した相性98%の遠山友蔵(笹野高史)・鮎子(中越典子)夫妻がゲストとして登場。仲の良さを見せつけるが、数時間後、鮎子は何者かに殺害されてしまう。

凶器から友蔵、家政婦の清水春江(池谷のぶえ)、息子の静夫(小松和重)の指紋が発見される中、さらに鮎子が死ぬ直前に連絡を取っていた西原(六角慎司)という男が殺害されるという事件も勃発。西原の家の防犯カメラには、静夫と西原が揉めている様子が映っていた。静夫が犯人だと思われたが、西原の家から静夫のDNAは検出されず。X染色体という女性のDNAが見つかったことにより娘・香織(吉田芽吹)にも焦点が当たるのだが、なんとそのDNAが過去の男性の死亡事件と一致し、鮎子が“後妻業の女”だったことが明らかとなる。

番組のラストでは、神保がDNAより導き出した相性診断表が公開されるのだが、なんと神保×安堂の相性は「98%」。SNS上では「誰よりも相性いいw」「今回もナイスコンビ!」「息の合ったコンビプレイ」という声があがっていた。

次回第3話は、10月29日放送。「人が死んでいた」という公園の目撃情報の翌日、血の海と化したアパートの一室が発見される。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル