top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

被災してお風呂に入れない!…水を使わない洗浄料を試してみた

防災ニッポン

こちらの商品は無香料。拭くと体のベタつきが取れ、サッパリさわやかです。全身拭いてもシートがカサカサにならず、水分がしっかり保たれたままなのもうれしいですね。

大きいので、こんな風に背中を拭くのも簡単でした。

夏場によく使われるデオドラント効果のあるボディーシートと違い、香料や肌がスーッとするような成分は含まれていません。デリケートな場所や肌が敏感な方にも使いやすいと思いました。
非常時にはあまりできないかもしれませんが、電子レンジで温めて使うことも可能です。

(2)泡タイプの清拭料

水で洗い流す必要がないボディーソープのような製品です。小売店では、介護用品のコーナーで見つけることができます。顔も含めて全身に使えます。

商品名:オレンジケアプロダクツ 泡で手軽な清拭料 (全身洗浄料) 500ml
購入価格:¥814(税込み)

広告の後にも続きます

ぬらしたタオルに向けてポンプを押すと、洗浄料が泡で出てきます。

数プッシュしたら、体を拭いていきます。

こちらも無香料。先ほど試したウェットシートタイプよりも体の汚れを落としてくれる感覚がありました。刺激もなく、敏感肌の方にもおすすめ。
拭いた後で体を水で流したり、きれいなタオルで再度拭いたりする必要もありません。使用後に水ですすがなくても、ベタベタ残る感じは全くありません。

ただし、ぬらしたタオルを用意しなければいけないのは、非常時には難しいこともあるかもしれません。

(3)ドライシャンプー

ドライシャンプーはさまざまなブランドから発売されています。今回はその中から、ミストタイプ、スプレータイプ、シートタイプの3商品をピックアップ。毛先が肩につく程度の私と、ロングヘアの娘(5歳)で使ってみました。

1ミストタイプ

商品名:資生堂 フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ 150ml
購入価格:¥847(税込み)

ポンプを押すと、液体がシュッと霧状に出てきます。直接髪や頭皮に向けて吹き付け(セミロングで7プッシュほどが目安)、指で頭皮をマッサージするようにもみ込みます。

髪をぬらすといっても、髪がべチャッとぬれる感覚はありません。吹き付けてすぐに乾きます。香りは強すぎず、また、長時間持続するわけではありません。これなら強い香りが苦手でも大丈夫そう。

一通りもみ込んだ後、タオルなどで拭きとれば完了です。使用後は頭皮が少しスッとしてリフレッシュできました。
拭き取り用のタオルは、キッチンペーパーやティッシュペーパーでも代用できます。非常時にタオルが手に入るかという点は少し気がかりでしたが、ティッシュで代用できるならなんとかなりそう。

今回使ってみたドライシャンプーの中で、こちらが一番汚れを落とせたような感覚がありました。
また香りが優しく刺激も強くないので、子どもに使うにはこちらが良さそうだと感じました。

2スプレータイプ

商品名:ドライシャンプー (水のいらないシャンプー) グレープフルーツ&ペパーミントの香り ダイアン パーフェクトビューティー 95g
購入価格:¥1,188(税込み)

パウダースプレータイプ。髪を持ち上げながら地肌や髪の根元に向けてシューッと吹き付けます。

指を使ってなじませ、手ぐしやブラシでとかして完了です。皮脂や汚れをパウダーが吸着し、髪をとかすことで取り去ってくれるんだそう。こちらはタオルなどで拭き上げる必要はありません。

ミストタイプよりもスプレーの勢いがかなり強く、そのぶん爽快感もこちらの方があります。

ただ、娘はスプレーの勢いに驚いて若干怖がっている様子でした。スッとする刺激もミストタイプよりも強めに感じます。小さい子どもがいる場合はミストタイプを選ぶと良いかも。

また香りもしっかりつくので、その点でも好みが分かれるかもしれません。スプレータイプはさまざまなブランドから発売されているので、好きな香りのものを選ぶのも楽しそうです。

3シートタイプ

商品名:フレッシュケア ドライシャンプーシート 10枚入

購入価格:¥545(税込み)

シートで髪を拭き上げて使います。

シートが頭皮まで届きづらいので、これまでの2タイプと比べるとスッキリ感は少なく感じました。スッとする刺激が苦手な方には良いかも。香りは強くありません。

また、手持ちのブラシにこのような形で取り付けて使うことも可能(パッケージでも図入りで紹介されています)。

こうやって使うと頭皮がマッサージされて、シート単体で使うよりさっぱり感が増します。

一番コンパクトなのはこのシートタイプ。非常用持ち出し袋がすでにパンパン…という方にはシートタイプがおすすめです。

3タイプのドライシャンプーをまとめると…

小さい子どもがいる方や、強い香りが苦手な方は、1のミストタイプがおすすめです。
好きな香りで癒されたい、さっぱりしたい、と思う方は2のスプレータイプがおすすめ。
防災グッズをとにかくコンパクトにしたい、刺激が弱い方が良い、という方には3のシートタイプがおすすめです。

とはいえ3タイプとも、本当に洗髪したようなさっぱりサラサラな髪になるわけではありません。あくまで災害時などで「急場をしのぐため」という使い方になるでしょう。ワックスなどの整髪料をつけている場合は特にべたつきが残ると思います。
一時の清涼感を得たり、臭いを少し抑える効果はあると思いました。

こんなものもあると良さそう!

今回使ってみた洗浄料(清拭料・全身に使えるウェットシート)では、お化粧まではきれいに落とせませんでした。お化粧をする方はシートタイプのメイク落としなども用意しておくとよいと思います。
また、洗浄料を使った後は特に顔の乾燥が気になりました。化粧水やクリームなどもあわせて準備しておこうと思いました。

入院して3日ほどシャワーを浴びられなかったとき、自分の体が臭っていないか心配になったり、全身がベタベタして不快で気分が落ち込んだりした記憶があります。体や髪を清潔に保つことは、災害という非常事態を乗り越えるために心理的にも大事なのではないかと思います。
今回ご紹介したものは、ドラッグストアやインターネットで手軽に買えるものばかリです。記事を参考に、使いやすそうなものを備えてみてはいかがでしょうか。

<執筆者プロフィル>
シマサキアヤ
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
避難時に!なくて困ったもの、あると便利なもの

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル