大坂なおみ なぜカタカナ字幕?ワイドショーに視聴者が苦言
大坂なおみ なぜカタカナ字幕?ワイドショーに視聴者が苦言
大坂なおみ選手(20)が9月8日、全米オープンを制覇し、ワイドショーは各局がこぞってこの快挙を報じている。   大坂選手の強さだけでなく、試合後のインタビューで見せる屈託のないキャラクターも話題を呼び、大きく取

大坂なおみ選手(20)が9月8日、全米オープンを制覇し、ワイドショーは各局がこぞってこの快挙を報じている。

 

大坂選手の強さだけでなく、試合後のインタビューで見せる屈託のないキャラクターも話題を呼び、大きく取り上げられている。しかしtwitter上では、ワイドショーがつけた“テロップ”に対し、苦言を呈するツイートが並んだ。

 

《大坂なおみ選手が日本語を話してる時、『この人は今たどたどしい日本語を話しています』みたいにカタカナ表記するのやめてほしい》
《これマジで失礼でしょ。漫画の宇宙人やないねんから》
《日本語喋ってるじゃん。なんでカタカナなの?》

 

たとえば10日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では、「『強さ』と『ユーモア』世界中を魅了“なおみ節”」と題して大坂選手のインタビューを特集。以下のようなテロップがつけられていた。

 

――3年連続で3回戦進出ですが今の気持ちは?

 

「でもいつも同じじゃない? ウレシイト キンチョウシテタジャナイ 今はうれしいとなんか…レンシュウシタイ」(8月30日のインタビュー)

 

「きょうの試合 すごくガンバリマシタ 次の試合もガンバリマス おやすみぃ~」(9月7日のインタビュ-)

 

たしかに3歳からアメリカで生活する大坂選手の日本語にはたどたどしい部分もあるが、文法的にまったく問題がない箇所まで「レンシュウシタイ」「ガンバリマス」となぜかカタカナで表記されている。

 

「日本人初の四大大会制覇」と報じる以上、ハイチ系アメリカ人の父を持ち、アメリカで暮らしてきた大坂選手の生い立ちを尊重した報道が求められそうだ。

(更新日:2018年9月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME